2014年

12月

23日

〈BD〉BD的プレイバック2014。4月5月編

史上稀に見る激戦を制して球聖位に就いた大坪和史
史上稀に見る激戦を制して球聖位に就いた大坪和史

 

BDが行った現場のプレイバック、

4月5月編です。


早速どうぞ。

 

※1月~3月編はこちら

 

※文中のリンクは当時のBDブログ記事や

インタビュー記事に対応しています。


…………

 


●4月


『球聖戦』で大坪和史選手(広島)

自身2度目の球聖位に。


この写真は「球聖位決定戦」の

1日前の「挑戦者決定戦」でのもの。


…………



横浜ハイランド開催の『GPE-2』は、

地元の羅立文(JPBA)が優勝。


…………



そのGPE-2の会場で、

球聖位決定戦(大坪vs喜島安広)

終盤をネットライブで観るJPBAプロ達。


…………



『全日本ジュニア』(ナインボール)は、


神箸久貴プロ(JPBA)の息子で、

スーパースヌーカー中学生の

神箸渓心選手が優勝。


寝癖がかわいかった。


…………



群馬県富岡市の株式会社三木へ。


MEZZ / EXCEED

数々の新製品の取材をしました。


2代目・栗林達プロ(JPBA)モデル

(写真)の完成が間近でした。


…………



『北海道オープン』の取材のため、

一路札幌へ。


会場は札幌駅の地下の催事スペース。


JPBAの歴史上でも有数の、

「大ターミナル駅に隣接する会場」でしょう。


…………



その特設会場で見かけた、

地元・川村美穂アマのデコエクステ。


…………



『北海道オープン』の

試合の合間を利用して、


CUE'S誌用の

吉岡正登プロ(JPBA。右)の

インタビュー取材を進める。


その撮影現場に通りかかった

大井直幸プロ(JPBA)。


…………



試合の方は、

浦岡隆志プロ(JPBA。左)

照屋勝司プロ(JBPA)を破って、


自身初の「北海道キング」に。


…………



漫画家のオカヒサヨシヒロ氏と

打ち合わせを重ねて、


独自のLINEスタンプ

絵柄を考えていた時期でした

(上はラフ絵)。


…………



とある会議に出るため、


西尾祐プロ(JPBA。右)と

青柳高士アマ(左)と、

3人で大阪へ。


2人ともアイスに夢中……。


…………



千葉・本八幡の『コルトンプラザ』

行われた「文化祭」を訪問。


ビリヤードのホールには

ご覧のように美人がいっぱいでした。


…………



本八幡から渋谷へ移動。


『全関東』(アマ男女)

酒井大輔選手と小西さみあ選手が優勝。


…………


●5月


歴史ある霞が関ビルディング。

……の中で行われたのが、


…………



第71回大会を制したのは

新井達雄プロ(JPBF)。


10年ぶり4度目の優勝でした。


…………



4日後、その新井達雄プロが

霞が関ビルディングのホールの

受付にいました。


同じ会場で、今度は女子の

スリークッション全日本選手権です。


…………



その女子3C全日本選手権で、


国内トップの

肥田緒里恵プロ(JPBF。右)が、


優勝への一縷の望みをかけた

裏撞きの初級を外したシーン。


この瞬間、西本優子プロ(JPBF。左)の

2度目の優勝が確定。


…………



『GPE-3』は北千住の『LINK』開催。


決して広くはないからこそ、

熱気が充満。


…………



そのGPE-3を制したのは

栗林達プロ(JPBA。右)。


彼にベスト8で敗れた

津堅翔プロ(JPBA)は、

「ガンダムみたいな強さだった」

との名言を残す。


…………


以上、2014年4月〜5月でした。

6月以降は追ってお届けします。

 

…………


BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink


ナイン/テンボール用精密ラックシート ARROW RACK


…………


 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事