2016年

9月

25日

〈BD〉本日(25日)、『GPE-6』決勝ラウンド in 池袋ロサ!

前節(GPE-5)優勝の青木亮二
前節(GPE-5)優勝の青木亮二

 

日付が変わって本日(25日)は、

 

池袋『ロサ』で

JPBA東日本男子プロツアー、

『グランプリイースト第6戦』(GPE-6)の

決勝ラウンド(ベスト16~)が行われます。

 

9ボール9ゲーム先取。交互ブレイク。

 

そして、今回は、世界選手権でも採用された

“9オンフットラック”でのブレイクになります。

 

(※今までのようにフットスポット上に

1番を置いてラックを組むのではなく、

 

前方にズラして、9番がフットスポット上に

来るようにして組むラック。

的球が入りづらい。

「9オンザスポット」とも)

 

昨日(24日)には前日予選が行われ、

16名が出揃っています。

 

前節(GPE-5)優勝シード:青木亮二

開催店(ロサ)シード:松村浩道

北海道予選通過:矢後満

東北予選通過:大井仁

 

前日予選より12名:

高野智央

高橋邦彦

羅立文

持永隼史アマ

矢野裕一

小笠原晋吾アマ

塙圭介

土方隼斗

照屋勝司

守谷友和アマ

嶋野聖大

虻川修

 

…………

 

アマ選手が3名残ったこともそうですが、

今回は各組の第一シード選手の敗退が

少し目立つ予選でした。

 

ここまでのところは

「波乱含み」と言えるかもしれません。

 

決勝ラウンドは25日(日)午前11時開始。

 

観戦料は2,000円(当日券)です。

近隣の方は会場での観戦、いかがでしょうか。

 

今年のGPEもこれが「ラス前」

(※今年も全7戦あります)。

 

前節(GPE-5)では、

香川から移籍してきたばかりの

青木亮二が、GPE初参戦で初優勝。

タイトルと話題をかっさらいました

(本人の談話はこちら)。

 

GPE独自のランキング争いも

佳境を迎えるところ。

このまま土方隼斗が

1位でフィニッシュするのでしょうか。

 

………… 

 

 

以下、今年のGPEの参考データ 

  

●GPE-1~4のファイナリスト↓

  

GPE-1 in Link西川口 3/13

優勝:土方隼斗 2位:羅立文

  

GPE-2 in プールカイザー 4/17

優勝:西嶋大策 2位:永松宣明

  

GPE-3 in Link北千住 5/22

優勝:土方隼斗 2位:高橋邦彦

  

GPE-4 in キャノンボール大森 6/12

優勝:早瀬優治 2位:高野智央

 

GPE-5 in ミスタースポーツマン中延 8/28

優勝:青木亮二 2位:小宮鐘之介アマ

 

●GPEポイントランキング

(GPE-5終了時。上位プロのみ)↓

  

1位 760pts 土方隼斗

2位 700pts 早瀬優治

3位 600pts 鈴木清司

4位 560pts 羅立文、高橋邦彦

6位 540pts 高野智央

7位 500pts 浦岡隆志、嶋野聖大

9位 480pts 田仲海輝、虻川修

11位 460pts 栗林達、西嶋大策

13位 440pts 赤狩山幸男、内垣建一

15位 400pts 井上浩平、松田渉、永松宜明 

  

付与ポイント一覧:

優勝:220

2位:160

3位タイ:140

5位タイ:120

9位タイ:100

予選最終まで:80

予選最終前:60

参加ポイント:40

  

以上、GPE公式ブログより。

 

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 


徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事