2016年

10月

30日

〈BD〉栗林達、今季1勝目! 『グランプリイースト第7戦 in バグース六本木店』。通算11度目のGPE優勝

Toru Kuribayashi won 2016 Grand Prix East stop#7
Toru Kuribayashi won 2016 Grand Prix East stop#7

 

東京の『バグース六本木店』で

決勝ラウンドが行われた、

 

JPBA東日本男子プロツアー、

 『グランプリイースト第7戦』(GPE-7)。

 

今回の種目&フォーマットは、

9ボール(9オンフットラック。3ポイントルール)・

コールショット・交互ブレイク・

8ゲーム先取・エースは無効

……という、

まさにプロフェッショナル向けの

テクニカルな設定でした。

 

今シーズンのGPE最終戦となる本大会で

優勝を決めたのは、

 

今年は『ジャパンオープン』と

『北陸オープン』で準優勝の栗林達。

 

ベスト16から、

西尾祐、

田仲海輝、

浦岡隆志と倒してファイナルへ。

 

最後は、高橋邦彦を8-4で退けて優勝。

今シーズン1勝目を挙げました

(※昨年の『GPE-5』以来となる

約1年3ヶ月ぶりの優勝でした)。

 

GPE通算ではこれが11勝目です。

 

 

優勝:栗林達 ……左2

2位:高橋邦彦 ……右2

3位:浦岡隆志 ……右

  羅立文 ……左

 

ファイナルは締まった好ゲームでした。

 

この両プロが今年ここまで未勝利であるとは

にわかに信じられないほど。

 

9オンフットラックの9ボールを

トッププロが撞くとこうなるのか、

という一つの見本になるような、

技術力の高さを堪能できる

戦いだったと思います。

 

※決勝ラウンドの全選手の写真がある

フォトギャラリーはこちらからどうぞ。

 

※栗林プロの談話は近日掲載します。

 

…………

 

これで2016年のGPEも全日程が終了。

 

GPE独自ランキングの年間Top3は、

 

 

MVP:土方隼斗 ……右2

2位:羅立文 ……左2

3位:早瀬優治 ……左

アマランキング1位:小宮鐘之介 ……右

 

……となっています。

 

今年の第1戦と第3戦で優勝を飾った

土方プロが、自身4度目のMVP達成です

(※ミニコメントは近日)。

 

また、GPEアマチュアランキングでは、

第5戦で準優勝を果たした小宮鐘之介選手が

MVPになっています。

 

※GPE公式ブログはこちらからどうぞ

(確定版のランキング情報が載るまで

時間がかかる場合もあります)。

 

参考までに、

2016GPEのファイナリストは以下の通り。

 

●GPE-1~6のファイナリスト↓

 

GPE-1 in Link西川口 3/13

優勝:土方隼斗 2位:羅立文

  

GPE-2 in プールカイザー 4/17

優勝:西嶋大策 2位:永松宣明

  

GPE-3 in Link北千住 5/22

優勝:土方隼斗 2位:高橋邦彦

  

GPE-4 in キャノンボール大森 6/12

優勝:早瀬優治 2位:高野智央

 

GPE-5 in ミスタースポーツマン中延 8/28

優勝:青木亮二 2位:小宮鐘之介アマ

 

GPE-6 in 池袋ロサ 9/25

優勝:持永隼史アマ 2位:羅立文

 

GPE-7 in 六本木バグース 10/30

優勝:栗林達 2位:高橋邦彦

 

…………

 

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事