2016年

9月

26日

〈BD〉持永隼史アマ、『GPE-6』で優勝! アマGPE覇者は12年ぶり2人目!

Junji Mochinaga (2nd from left, amateur) won JPBA Grand Prix East stop#6 in Tokyo Photo Courtesy of On the hill !
Junji Mochinaga (2nd from left, amateur) won JPBA Grand Prix East stop#6 in Tokyo Photo Courtesy of On the hill !

 

昨日(25日)、

東京・池袋の『ロサ』で行われた、

 

JPBA東日本男子プロツアー、

『グランプリイースト第6戦』(GPE-6)の

決勝ラウンド。

 

ナインボール(※9オンフットラック)で

行われた本戦で優勝を飾ったのは、

 

『名人位』『マスターズ』など

数々のタイトルを持つ国内トップアマ、

 

持永隼史(もちなが・じゅんじ)選手でした。

 

持永選手はこの日、初戦(ベスト16)から、

虻川修、高野智央というプロを破り、

 

準決勝では小笠原晋吾選手との

アマ対決を制してファイナルへ。

 

最後はJPBAトッププロの一人、

羅立文を完封(8-0)で破って優勝しています。

 

優勝:持永隼史アマ ……左2

2位:羅立文 ……右2

3位:小笠原晋吾アマ ……左

   矢野裕一 ……右

 

…………

 

旧称「JPBA東日本男子プロツアー」から、

事前予選システム・開催運営方式など

様々な点が刷新されて

「グランプリイースト」(GPE)という名前で

再出発してから今年で14年目。

 

アマ選手が優勝したのは、

2004年の早瀬優治(現プロ)以来、

実に12年ぶり2人目となります。

 

まさに歴史を書き換える偉業となりました。

 

本人の談話は追ってお届けします。

 

…………

 

余談ですが、USTREAMを観ていても、

はっきりと認識できたのが、

 

持永選手のトレードマークとも言える

「しましまシャフト」。

 

これについては昨年、

本人にインタビューしていますので、

気になっている方はこちらからどうぞ。

   

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 


徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事