2016年

8月

06日

〈BD〉ステージ2はこんな感じでした! りょーじプロのドーハ日記その3――ナインボール世界選手権

Ryoji Aoki Photo Courtesy of QBSF
Ryoji Aoki Photo Courtesy of QBSF

 

アルビン・オーシャンの初優勝で幕を閉じた

今年の『ナインボール世界選手権』

 

約2週間現地・ドーハに滞在し、

現地予選(ステージ1)を突破。

 

本戦(ステージ2)グループラウンド進出という

戦績を持ち帰ったのが、

 

"讃岐のライオン"青木亮二プロ

(※7月から東日本所属)。

 

そのりょーじプロからの最後の寄稿です。

 

ステージ2の舞台裏をどうぞ。

 

(※日記第1弾・移動日の裏側はこちらから

第2弾・ステージ1の舞台裏はこちらから)。

 

…………

 

Photo : Ryoji Aoki ※以下クレジットがないものは全て
Photo : Ryoji Aoki ※以下クレジットがないものは全て

 

青木亮二記:

 

「激闘のステージ1決定戦から一夜明けて

次の日(7/29)、

 

ステージ2のドローイング(抽選)が、

ホテルの広間で盛大に行われましたー。

 

当たり前やけど、

世界トップ選手らみんないてるので

テンション上がりまくり!」

 

…………

 

 

「あんまり読めないけど(笑)、

新聞に白岩パイセン(白岩篤)登場。

 

『日本人が頑張ってる』的なことが!」

 

…………

 

Photo Courtesy of QBSF
Photo Courtesy of QBSF

 

「グループラウンド初日(7/30)、

僕の初戦は中国の若手選手、Zhou Long

 

僕がオープニングブレイクを決めて

マスワリスタート!

……かと思いきや7番を外してしまって、

 

それから相手が取り切りとマスワリ3発の……

 

気付けば30分足らずで0-7(汗)。

 

とりあえずタイムアウトを取り、

他の台見渡しても2-1とか2-2(笑)。

 

タイムアウト後なんとか2点取るも、

2-9で余裕負け。

 

みんなが苦しんでるブレイクを

簡単に決めまくられたのが衝撃でした( ̄◇ ̄;)」

 

…………

 

 

「この子がZhou Longです。

 

2回戦ではカナダのジョン・モラ相手に

パーフェクトゲーム!!

 

自分の撞き番、全てマスワリ。6発(笑)。

 

モラも2発マスワリ出してるのに

9-2でこの子勝ち!(笑)。

 

わずか40分でした(笑)。

おそらくこのゲームが今年のベストバウトかと……」

 

…………

 

 

「会場では

日本が誇るアダムジャパンさんがブースを出していて、

 

日本選手たちにはおにぎりを作ってくれてました!

(※左が李佳。右が関根社長)」

 

…………

 

Photo Courtesy of QBSF
Photo Courtesy of QBSF

 

「そして、

僕の敗者1回戦の相手は

ウクライナのA・コショホフ(?)選手!

 

この試合で僕は、ヒルヒル(8-8)で負けて、

今年の世界選手権が終了しました。

 

この選手も、その後、

 

ベスト64でヨハン・チュアに勝ち、

ベスト32で張榮麟に勝ち、

 

ベスト16ではジェイソン・ショウに

ヒルヒルまで食い下がってました。

 

スヌーカー的なシュートの強さが

ある選手でした」

 

…………

 

 

「今回の試合は、初採用の

『ナイン・オン・フット・ラック』

でのブレイクってこともあり、

慣れてない選手がほとんどでしたねー。

 

僕らも毎日、

良い選手のブレイクを見ては研究してました。

 

この画像は、

カタール協会で練習するなおたん(大井直幸)」

 

…………

 

 

「今回の試合の様子や、大井プロの

"突撃・外国選手にインタビュー"は、

 

『ビリヤード8』

(テレビ神奈川・毎週木曜深夜1時半~)で

放送予定です!

 

どこまで使われるかは未定ですけど(笑)」

 

…………

 

 

「最終日(Day 6。8/4)、

ホテルの朝食会場で会った

パグたん(アレックス・パグラヤン)と。

 

僕ら"ライオンズ"!

 

『準決勝、ちょー頑張って!』と、

試合も応援しましたが、

アルビン・オーシャンに惨敗……」

 

…………

 

 

「……からの、負けた直後の、

帰りのシャトルバス車内。

 

パグたん、ちょっと落ち込んでました……。

 

でも、すぐみんなを笑わす

エンターテイナーぶりは

ほんまにリスペクトできます(笑)」

 

…………

 

 

「最後、僕の感想を。

 

今年の世界選手権は、

ステージ2にJPBAが8名!

 

決勝シングル・ベスト64には3名残って、

 

ベスト32にはローくん(羅立文)一人。

 

そのローくんもベスト32で敗れて終了。

 

やはりナイン・オン・フット・ラックの

ブレイクを攻略できてないことが

結果に出ていたと思います……。

 

これは早急に研究と練習あるのみ。

 

そして日本の試合も

ナインオンフットでやっていかないと

世界で活躍するのは厳しいと感じました。

 

あと海外に来るたびに思うのが、

日本は若手の挑戦が少なすぎるなと……。

 

若い子らは絶対に挑戦すべき!

海外での経験は、日本の試合より

2倍から5倍の経験値が得られます!!

 

わかりやすく言うと

メタルスライムと戦う感じ!(笑)

 

とにかく来年は日本人選手が

この舞台で活躍出来ることを願います。

もちろん僕も活躍した……活躍します!!!!!」

 

…………

 

 

「オマケ写真。

 

ホテルのエレベーターで会った大きい人!(笑)」

 

高身長のなおたんよりもはるかにデカイ。

 

僕が『スゴ!』って言うたら、

『ニホンジンデスカ?』って(笑)。

 

広島に2年住んでいたことがあるそうで……。

まさかの2メートル10センチ(笑)。

 

ブラジルの人らしいです」

 

…………

 

りょーじプロ、

3回に渡ってありがとうございました。

 

次の試合は、これが移籍後初参戦となる、

『グランプリイースト第5戦 in 中延』です!

 

8月27日&28日!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事