2014年

9月

22日

〈BD〉アマ公式戦『マスターズ』は大坪和史・現球聖が優勝! 3Cジュニア世界選手権はフランスのA・タショワが制覇! そして土方隼斗&田中雅明がイギリスへ……!

マスターズ優勝・大坪和史 写真:On the hill !
マスターズ優勝・大坪和史 写真:On the hill !
同2位・和田敏幸 写真:On the hill !
同2位・和田敏幸 写真:On the hill !

 

タイトルが長くなりすぎました。

 

トピックが3つあります。

 

…………

 

まず、大阪で行われていた、

ポケットビリヤード(テンボール)の

アマチュア公式戦、

 

『第15回マスターズ』は、

 

大坪和史・現球聖が優勝しました。

 

(※今年4月の球聖戦優勝時のインタビューはこちら

 

ファイナルは和田敏幸選手とのヒルヒルの大接戦。

 

序盤から優勢に試合を運んでいたのは和田選手。

 

しかし、要所でミスが出てしまい

大坪選手を突き放すことができませんでした。

 

最後はヒルヒル(6-6。上がりは7点)の状態で、

 

和田選手が取り切って優勝……かと思ったのですが……。

 

(↓この映像は、大坪選手が6-6に追い付く所から

始まります)

 

 

和田選手が撞いた最後の10番ボールは

なんと「カタカタ」。

 

10番は穴前に残り、

それを見た和田選手はそこでOK(投了)。

 

これで大坪選手は、

マスターズでは15回中5度のファイナル進出で、

8年ぶり2度目の優勝となりました。

 

まさにトップアマ中のトップアマですね。

 

また、ベスト8では、

2週間前の『名人位決定戦』のリマッチが実現。

 

名人位を奪われた側の和田選手が、

今回は現・名人位の喜島安広選手を倒したのですが、

これも手に汗握る接戦でした。

 

さらに、現・女流球聖の佐原弘子選手も

男子プレイヤーに混じってベスト16まで進む健闘。

 

……と、やっぱり全国タイトル戦は

見応えたっぷりですね。

 

…………

 

3Cジュニア世界選手権、優勝はタショワ(左2)
3Cジュニア世界選手権、優勝はタショワ(左2)

 

そして、オランダではつい先程、

 

『ジュニアスリークッション世界選手権』が

終了しました。

 

優勝したのはフランスのA・タショワ。

 

そう、予選リーグ戦で

日本代表の森雄介プロ(JPBF)の最後の壁となり、

 

行く手を阻んだあの選手です

(※昨日の記事でそのことに触れています

 

優勝:A・タショワ

2位:チョウ・ミュンウー(韓国)

3位:B・カラクルト(トルコ)、キム・ジュンテ(韓国)

 

タショワ選手は、

4強の中では4番人気だったのではないかと

BDは思いましたが、

 

さすがはフランスのジュニアチャンピオン、

勝負強さを発揮していましたね。

 

今大会で森プロは

ジュニア世界選手権から「卒業」です。

 

この先、日本代表として

今大会に出る選手は誰になるのか。

 

BDもすぐ思い浮かべる選手がいないのですが、

注目したいところです。

 

…………

 

田中雅明
田中雅明
土方隼斗
土方隼斗

 

さて。日本タッグ出陣です!

 

23日(火)から始まる

ナインボールダブルスのビッグゲーム

『World Cup Of Pool』に向けて、

 

日本の田中雅明&土方隼斗ペア(JPBA)が、

 

今日22日(月)、イギリスに出発します。

 

初戦の相手はロシア。手強いです。

 

日本時間24日(水)深夜2時に試合開始です。

 

土方プロの意気込みは本人のブログを。

 

田中プロの抱負はBDのこちらの記事をご覧下さい。

 

武運を祈る!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事