2014年

4月

05日

〈BD〉週末はアマ『球聖戦』とプロ『GPE-2』開催!

中野雅之
中野雅之
大坪和史
大坪和史
喜島安広
喜島安広

 

関東では桜がそろそろ散る頃ですね。

 

皆さん、お花見はできましたか?

 

さて、この土日、

 

埼玉県・新所沢の『5&9』では

『球聖戦』が、

 

横浜『ハイランド』では、

『GPE-2』が行われます。

 

…………

 

球聖戦は、

アマチュアナインボールのビッグタイトル。

 

日付が変わって今日(5日・土曜日)は、

 

中野雅之(東日本代表) 

vs

大坪和史(西日本代表)

 

という『挑戦者決定戦』が行われ、

 

その勝者が、明日(6日・日曜日)、

現球聖の喜島安広と対戦します。

 

この最終決戦を『球聖位決定戦』と言います。

喜島選手の側からすると「防衛戦」ですね。

 

1月から段階を踏んで行われてきた

球聖戦も、いよいよ最終章!

 

※当日の速報などは

On the hill !さんが一番早いでしょう。

 

※中野インタビューは、こちら

※喜島コメントは、こちら

 

赤狩山幸男
赤狩山幸男

 

さて。

 

もう一つのGPE-2とは

「グランプリイースト第2戦」のことで、

 

これは、JPBA東日本男子のプロツアーです。

 

今年は全7戦が予定されています。

 

前節・第1戦では「カーリー」こと、

2011年世界チャンピオン・赤狩山幸男プロが優勝。

 

準Vが山本久司

3位が高野智央と塙圭介、でした。

 

(※GPE-1の記事はこちら

フォトギャラリーはこちら

 

赤狩山プロは今回の第2戦では

土曜日の予選が免除され、

 

日曜日の決勝ラウンド(ベスト16)

からの登場です。

 

昨年GPEの年間チャンピオンになった栗林達や、

JPBA全国ランキング1位の土方隼斗など、

 

他のトッププロ達は厳しい予選からの参戦。

 

毎回プロ・アマ合わせて100名以上が参加するGPE。

今回も激戦必至です。

 

GPE公式ブログはこちら

 

…………

 

第2戦を目前に控えた

カーリーから短いコメントが入っています。

 

「今回は予選が無く、

決勝ラウンドシードというのは良いですね。

 

花粉に負けずに、『まずまずの2勝目』を

目指して頑張ります。

 

ここ何日か雨が降っていたし花粉は大丈夫でしょう。

日曜がスカッと晴れると大変そうだけど(笑)」

 

週末花粉予想ですか(笑)。

 

カーリーが花粉症だということ、

僕は今年初めて知ったんですけどね

(4年も担当してるのに)。

 

…………

 

さて、それから。

 

GPE-2の予選組み分け表を見た方は

気付いたかもしれませんが、今回、

 

2001年ジャパンオープン覇者で、

2004年GPE年間MVPでもある

あの逸野暢晃プロが参戦します。

 

約8年ぶりの公式戦復帰です。

 

昨年の夏、少し話をした時に

「タイミングが合えば試合に出たい」と

語っていました。

 

大きなブランクはありますが、

決勝ラウンドまで進めるでしょうか。

注目したいと思います。

 

…………

 

BDは、土曜日に球聖戦を観戦。

日曜日にGPE-2を取材する予定です。

 

 

<<<前の記事

 

逸野暢晃 ※撞いてる姿の写真がなくてすみません
逸野暢晃 ※撞いてる姿の写真がなくてすみません