〈BD〉竹中寛が今シーズン初優勝! 『GPW-4 in 愛知マーシー』

 

2日(日)に

愛知県名古屋市の『マーシー』で

行われた西日本男子プロツアー、

『グランプリウエスト第4戦』(GPW-4)。

 

種目とフォーマットは、

【9ボール・8ラック先取

〈ベスト16から7先〉・

交互ブレイク・

予選含めシングルトーナメント】

 

2週間前の『東海グランプリ』に続き、

再び愛知県に集まった

西日本のプロ・アマ達。

 

その頂点に立ったのは、

今年の『GPW-1』ファイナリスト、

兵庫の「サムライ」竹中寛でした。

 

竹中プロは、ベスト16から、

山川英樹、

弘田勝彦、

そして開催店シードの所勘治を

倒して決勝戦へ。

 

最後は、2017年『GPW-1』

以来の優勝を狙う浜田翔介と対戦。

 

この2人の決勝戦は

最後まで2点以上差が開かない

大接戦に。

 

互いにブレイクの配置や

イリーガルに悩まされる

ラックもありましたが、

両者とも一貫して

早い判断とキビキビとしたプレーで、

テンポ良くポイントを挙げて行きました。

 

先に6-5でリーチをかけたのは

浜田プロでしたが、

続く第12ラックで竹中プロは

ブレイク3個インから決勝戦では

1回目のマスワリ。6-6のヒルヒルに。

 

最終第13ラック、

浜田プロのブレイクは入りましたが、

1番が見えず、ジャンプで攻めるもミス。

 

竹中プロは1番で2度セーフティを撞き、

相手の空クッションの返しが

オープンになったところから

すかさず取り切り。

7-6で勝利し、大きな笑みを浮かべました。

 

竹中プロは今シーズン初優勝。

 

プロ公式戦ではコロナ禍直前の

2020年2月『GPW-1』以来、

約2年半ぶりの優勝を飾りました。

 

GPWでの優勝回数は

今回で「7回目」となります。

 

優勝:竹中寛……左2

2位:浜田翔介……右2

3位:田中雅明……左

  所勘治……右

  

※GPW-4 公式サイト(トーナメント表&ライブスコア)

 

※JPBA 公式サイト(大会概要&予選ラウンド組み合わせ)

 

※ 決勝ラウンドはTVテーブルのみ

ライブ配信あり(アーカイブもあり)

 → JPBA公式YouTube

 

…………

 

2022 GPW:

 

5月 GPW-1 in 愛知ダマデノッチェ(神箸渓心アマ/竹中寛)

7月 GPW-2 in 佐賀セッション(北谷好宏/重田寛之アマ)

8月 GPW-3 in 佐賀セッション(原口俊行/大塚雄豊アマ)

今回→ 9月 GPW-4 in 愛知マーシー(竹中寛/浜田翔介)

 

 

………… 

 

BD Official Partners :  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

国内外著名ブランドのビリヤード用品販売中。Billiard Square

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

ビリヤード台・用品のことなら。レッスン場「Poche」併設。日勝亭

カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

国内外トッププレイヤー達が信頼する国産積層タップ。斬タップ

ジャストなビリヤードアイテムが見つかる。キューショップジャパン

13都道府県で開催。アマチュアビリヤードリーグ。JPA

2021年11月25日『船橋店』グランドオープン。 BAGUS

川崎と横浜でビリヤードを楽しむ・習う・競う。MECCA 

カスタムオーダーシャフト『focus1』新登場。Geezシャフト

極上の撞き味を今ここに。国産牛革積層タップ。BIZEN TIP

徹底的なプレイヤー目線でできたJapanタップ。NISHIKI PREMIUM TIP

「チャンピオンのタップ」HOW Tip(ハオ)登場。SHOP FLANNEL

世界が注目。東京発のキューケースブランド。3seconds

第5巻発売中! ビリヤード漫画『ミドリノバショ

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事   次の記事>>>