2017年

3月

03日

〈BD〉”あのインタビュー”の舞台裏は? 時の人、大井直幸に聞いてみた

Naoyuki Oi, 2017 World Pool Masters Photo : On the hill !
Naoyuki Oi, 2017 World Pool Masters Photo : On the hill !

 

ジブラルタルで行われた9ボール国際大会

『World Pool Masters』に出場し、

 

5位タイという成績を収めた大井直幸(JPBA)。

 

初戦(ベスト16)終了直後の

勝利者インタビューで、

 

レポーターからの英語の質問に、

自己紹介と簡単な英単語、

そして”PPAP”を交えて

ユーモアとハイテンションで乗り切った姿が

世界中で話題になりました。

 

(※ベスト8の敗戦後も

インタビューされています)。

 

実際のインタビュー映像は、

「大井直幸 ビリヤード インタビュー」

「Naoyuki Oi  post-match interview billiards」

で検索すると、

国内外のネットメディアや

キュレーションメディアが多数ヒットしますので、

そちらからどうぞ。

 

プレー内容や結果、それに巧みな英語でも

アピールできればもちろんそれが最高ですが、

 

このインタビューが拡散されたことで、

地球規模で「ビリヤード」が

人の口に上ったのは事実ですし、

「プロ選手」や「国際大会」の存在を

初めて知った人もいるでしょう。

 

対人コミュニケーションや英語に

苦手意識を持っていた人が

勇気付けられたという話まであります。

 

一躍“時の人”、大井プロ本人に

あの現場でのことや近況を聞いてみます。

 

…………

 

 

聞き手:BD

語り手:大井直幸

取材協力:On the hill !

 

 

――あのインタビュー、一気に世界中に

広まりましたが、現地(ジブラルタル)でも

すぐ話題になったんですか?

 

「はい。もう、すぐに。

 

試合が『SKY A』で

ワールドワイドに生中継されてたし、

ニュースにもなってたみたいで、

『なんか大きなことになってるな』と。

 

街を歩けば声を掛けられるような感じでした。

『お前は優勝したのか。おめでとう』とか。

『いや、違うんだけど』みたいな(笑)。

 

帰りはロンドン経由だったんですけど、

空港でも街でも声を掛けられました」

 

――帰国してからも海外メディアに出たとか。

 

「イギリスのお笑い番組に、

こっちで撮った動画を送りました。

 

英語でなんか喋ってくれと言われて、

3時間かけて8本ぐらい撮ったりして(笑)。

まあ、TVなんでね、

どれだけ使われるかはわからないけど。

 

それから、ニューヨークのラジオに

国際電話で生出演しましたね。

 

日本に帰って来てからも

そんなワールドワイドな日々です(笑)。

 

ビリヤードが露出することに

ちょっとでも貢献できたら僕も嬉しいんで」

 

――日本でもネットメディアを中心に

大きな話題になっていました。

 

「周囲からもだいぶ言われました。

つくづくネットの時代なんだな~と。

 

でも、僕、こういう注目のされ方をすると、

ちょっと恥ずかしいんです。ちょっとは(笑)。

どういう顔をしていいかわからないし」

 

――3月2日の日テレ『news every.』では

電話出演(録音)をしていましたが、

他に国内メディアへの出演予定は?

 

「問い合わせはいくつもあったんですけど、

そのぐらいですね。

 

インタビュー映像の権利の問題とかで

色々と難しいんだと思います。

 

でもまあ、そろそろ終わりじゃないですか?

また何かネタを仕込んでおかないとね(笑)」

 

――あの”PPAP”やトーク内容は

もともと仕込んでいたんですか?

 

「少し。少しはね。

 

マッチルーム主催のTVマッチだから、

どこかのタイミングでインタビューがある。

前からそうなんで、わかってます。

 

お客さんとメディアから

“求められている”のもわかってるんで、

いざとなったら空気を読みつつ、

やってかなきゃいけないなって。

それだけですよ。

 

基本的に、僕はビリヤードの試合を

やりに行ってる訳ですから(笑)」

 

――ですね(笑)。

 

「でも、試合直後のインタビューには、

基本的には中国・台湾・日本とかの

英語ができない選手は

あんまり起用されないんですけどね。

 

僕のところには普通に来たから、

『そういうことか』と」

 

――「英語ができないっぽいのに

堂々としていてすごい!」

というような声もあります。

 

「いや、英語できると思ってるけどね、

自分なりには(笑)。

 

日常会話はいつもなんとかなってます。

実際海外の試合に行って困ることはないし。

 

でも、ああいうインタビューは無理。

あれだけ本気で喋って来られると全然無理(笑)。

 

英語ができる人でも、

生放送のインタビューでちゃんとすぐ返すのって

ネイティブ並じゃないと……というか、

ネイティブでも大変みたいですね。

 

だから、今回のは賛否両論あるかもしれませんが、

僕にはあれしかできません。

 

この先も、求められればあんな感じで

やるしかないです。あんな技をね」

 

――ああいうインタビューを含めて、

大会中にたまに出るパフォーマンスやアクションは

大井プロの持ち味でもあると思いますが、

スッとできるものなんですか? 緊張とかは?

 

「緊張? いや、なんだろう……。

 

今、この場では何がどう進んでいて

僕は何を求められてるんだろう、

何をしたら良いんだろうって、

空気を読まなアカンのが大変なんですよね。

それを緊張と呼ぶならそうだし。

 

改めてお笑い芸人って

すごいんだなと思いましたよ」

 

――「芸人か!」という声もありました。

 

「ふふふふ。

 

僕自身はふざけたヤツだと思われても

どう思われても別に良いです。

 

僕なりにその場で求められてることに

一生懸命その時その時対応していて、

その結果今回はああなったということ。

 

でも、結果的に、

ビリヤードの露出の仕方の一つとしては

良かったんじゃないですか。

 

仮にですけど、

僕がマスターズで勝ってたとして、

ここまで世間の目がビリヤードに向いたかな。

 

きっかけがどうであれ、

少しでもビリヤードというものや

国際大会があるって知ってもらえたら嬉しいし、

ビリヤードをやる人が増えたら良いですよね」

 

――さて、肝心の試合についてですが、

2回戦(ベスト8)で敗退でした。

 

「行く前から球撞きの調子が悪かったんですが、

気持ち的にはなんとか戦えたかな。

最低限の力はきっちり出せたと思います。

 

負けた試合は……実力不足と言えばそう。

“あの場での実力不足”でしたね。

 

相手(A・オーシャン)も頑張ってたし

……というか、

マスターズは良いプレイヤーしか出てないし、

誰にどこで負けても悔いはないです」

 

――ブレイクのフォーマットは、

昨年同様9オンフットかと思いきや、

ノーマルな1オンフットでした。

 

「マッチルームの試合はよく変わるんです。

TVイベントなんで。

 

でも、あそこに出てた16名皆そうだと思うけど、

僕らはフォーマットに関しては

なんでも良いんですよ。

 

変更があるものだと思ってるし、

プラクティステーブルも1台しかないから

そんなに練習できないしね。

 

でもやっぱり、日本の試合とは

比較にならない空気感というか、

日本には絶対にない緊張感でしたね。

もう全く違う。

 

皆、震えながら撞いてるから。

ああいうトーナメントはホント面白い。

 

ぜひ皆さんにも会場で観てもらいたいと

思うトーナメントだし、

僕もまた呼んでもらえるように

結果を残していかないとって思ってます」

 

(了)

 

大井プロの次の試合は3月中旬の

『チャイニーズ8ボール世界選手権』です。

 

…………

 

Naoyuki Oi

 

JPBA40期生

1983年1月10日生 東京都出身・大阪府在住

JPBA年間ランキング1位・4回('06年、'12年、'14年、'15年)

2012年『ナインボール世界選手権』3位

2014年『全日本選手権』準優勝1回

『関西オープン』優勝1回

『全日本ローテーション』優勝2回

『北陸オープン』優勝5回

『北海道オープン』優勝3回

『東海ナインボールグランプリ』優勝3回

『グランプリウエスト』(GPW)では通算14勝

『ワールドカップオブプール』3位・2回

他、優勝・入賞多数

使用プレーキューはEXCEED

FLANNELマグスミノエ(大阪)所属

 

※BDでの大井直幸プロのインタビューは、

〈BD〉 大井直幸 談話」で検索を。

 

…………

 

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

BAGUS 横浜西口店。2017年3月グランドオープン。BAGUS

 

カーボン繊維構造REVOシャフト搭載モデル発売中。PREDATOR JAPAN

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

 

 

<<<前の記事