2015年

9月

18日

〈BD〉「もっと楽しみたかった」。川端聡・2015世界選手権終了談話

Satoshi Kawabata
Satoshi Kawabata


男子ナインボール世界選手権、

ベスト64で敗れてしまった、

3名の日本勢(川端聡、大井直幸、栗林達)の

短い談話、行きます。


ラストは川端聡です。


※大井直幸編はこちら

※栗林達編はこちら


※ベスト32で敗退の

赤狩山幸男の談話は数日以内に。


…………


Satoshi Kawabata


JPBA29期生

1970年3月7日生 大阪府出身・大阪府在住


2006年アジア大会エイトボール

金メダリスト

2000年ジャパンオープン優勝

JPBA年間ランキング1位3回

『関西オープン』3勝

『東海グランプリ』2勝

『JPBAチャンピオンシップ』2勝

他、優勝入賞多数

使用キューはADAM JAPAN



Result


●グループラウンド

9-6 H・ロンバード(アメリカ)

9-8 A・オーシャン(オーストリア)


●ベスト64

8-11 A・オーシャン(オーストリア)


…………


川端談:


「悔しいです。

もっと試合をしたかったです。


3試合だけだし、

2人としか試合してないからね。

もうちょっと楽しみたかった。


でも、オーシャンとの2試合は

面白かったですけどね。


彼はそつがないです。


ミスも少ないし、

しっかりポジション出しおるしね。

さすがですよ。


僕もまあまあ自分なりに

頑張れていたとは思いますが、


途中からリードさせてしまったのが

悔やまれます。


僕が4点目取れるところで、

ブレイクで当たらんくて

取れなかったからね

(※その後オーシャンが6連取で逆転許す)。


あとは第13ゲームでの

僕の6番のスクラッチね。


あれは痛かったです。

取ってれば6-7にできるところやったし。


全体的に言うなら、

まずブレイクがアカンかった。


あと、セーフティ合戦になった時に、

どうしても後手後手になってましたね。


アルビンに上手く返されてしまいました。


世界選手権は一昨年以来です。


久しぶりといえば久しぶりだし、

やっぱり面白いですね、みんな強いので。


今回はスポンサーシードという形で

来られました。

アダムジャパンさんに感謝です。


遠い所まで連れて来てもらってからには

もっと頑張りたかったですけど……。


今回は観る方も頑張ろうと思って来てるので、

最後までたくさん勉強させてもらいます」


…………


その後、川端プロに

「ベスト8まで観て感じたこと」を

聞いてみたところ、


「当たり前ですけど、

ベスト8まで来る人は皆ミスが少ない。


そして、最後までずーっと同じ感じで

撞けるんですよね。


リズムやスタイルが一定で、

それが最後まで崩れない。


4強の4人(S・V・ボーニング、

柯乗逸、柯乗中、呉珈慶)は皆そうです。


呉珈慶に負けましたけど、

A・ヤップくんも良かったですね。

19歳であれは素晴らしいですよ」


……とのお答えでした。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL

 

ビリヤードOK、ダーツOK、パーティーOK! RALLY淵野辺店


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事