2015年

9月

18日

〈BD〉世界選手権Day 6のちょっと裏側

Yukio Akagariyama
Yukio Akagariyama


世界選手権・大会6日目が終わりました。


ベスト32からベスト8まで一気に行われて

かなりめまぐるしかったです。


写真でざざざっと行きます。


結果やトーナメント表などは

On the hill !さんで見てください。


あと、ここ数日、

止まりがちのようですが、

無料ライブストリーミング配信はこちら


…………



ラストサムライ、赤狩山幸男プロは

ベスト32で柯乗中(台湾)に

9-11で敗退。


赤狩山プロのコメントは追ってお届けします。


…………



ポーランドの21歳、


Wojtek Szewczykが大健闘しました。


枠に恵まれた感はありますが、

自身初のベスト8進出。


この画像は、ベスト16で

D・アルケイドとのヒルヒルマッチを

制した時のガッツポーズ。


思いがこもっていますが、

顔がわかりませんね。


こちらでどうぞ。↓



そもそも名前が読めませんね。


ウィチェック・シェフチェク です。


早口言葉みたい。

世界には色々な名前の人がいるものです。


東欧出身の女性に発音を聞いて、

カタカナにしてみたらこうなりました。


正確ではないかもしれません。


残念ながらシェフチェク、

ベスト8で柯乗中にシャッと

やられてしまいましたが、

東欧勢が団結して応援してました。


…………



ベスト16の

D・オルコロvsD・アプルトン戦は、


わずか1時間で決着。

11-2でオルコロでした。


アプルトン(右端の赤いポロシャツ)が

明らかにおかしくなっていて、ミスを連発。


最後は2番を飛ばして「OK」。


それがこの画像の配置です。


アプルトン、完全に切れてしまいました。


隣のテーブルの柯乗逸

(座っている赤いポロシャツ)が

何事かと見ています。


…………



その柯乗逸と柯乗中の兄弟、

ほんとに仲が良いんですよね~。


全日本選手権などでも

一緒に行動する姿をよく観ていますが、


美しき兄弟愛にきゅんきゅんします。


これはベスト8開始前の練習時。


2人揃ってベスト8に勝ち、

4強入りしています。


…………



カナダのJ・モラ、


かなり良い出来でした。


M・グレイとM・イモネンに勝って

ベスト8入り。


画像は、ベスト16のイモネン戦後、

TVインタビューを受けているところ。


この後、ベスト8では

同い年の柯乗逸に負けてしまいました。


余談ですが、今年の8強は近年稀に見る若さ。


ボーニング/32歳 vs オルコロ/36歳


↑これだけ30代対決で……


柯乗中/20歳 vs シェフチェク/21歳


柯乗逸/26歳 vs モラ/26歳


呉珈慶/26歳 vs ヤップ/19歳


8強プレイヤーの平均年齢は、「25.75歳」。


すごく「スポーツ」という感じがする。


日本も付いて行かないと……。


…………



ベスト8では、


本家・呉珈慶(左)と、


誰が言ったか知らないが、

「ニセ呉珈慶」A ・ヤップの対決が実現。


ヤップくんはシンガポール人なのですが、

呉が以前シンガポールに長期滞在して

シンガポール勢にコーチをしてたこともあり、

2人は旧知の仲。


というより、ヤップくんは相当、

呉をリスペクトしていると思います。


3、4年前、

全日本選手権で初めて観た時に、


BDだけでなく多くの人が

「10代の頃の呉珈慶っぽいよね!?」

と言っていました。


ぽっちゃり体型、フォーム

ダイナミックなショット……

だいぶ似てるんです。



↑ 佇まいもクリソツ。


この対決、「本家」が11-7で勝ってます。


でも、今大会で思いました。


ヤップくん、

呉珈慶に追い付き、追い越せるだけの

ポテンシャル、秘めてるなと。


…………



そして、


この2人の試合は何かあるんじゃないかと

思ったら、やっぱりありました。


ベスト8の

オルコロ(左端) vs ボーニング(右端)。


10年ぐらい前から、

マネーゲームでも試合でも、

散々プレーしてきている2人。


今年に入って因縁浅からぬ、

という状況のようです

(ボーニングのだいぶ前のFacebookでの

投稿を見ると)。


で、今回。


レフェリーを巻き込んで、


第2ラックでラックシートを


「取る・取るな・取ってくれ・取るな

向きを変えるだけ・いや触るな」で一悶着。


4番と9番が乗ってしまっていて、

かつ、その2個は近接している。


ちょっと触れただけで

配置がガラリと変わってしまう

危険性がある状況ではありました。


オルコロは

「触れたら絶対配置が変わっちゃうから、

そのまま撞いてくれ」


と主張。


ボーニングは…………。


この顛末はいずれ別に書きましょう。


…………



その一件が影響したかどうかは

わからないですが、


この試合はボーニングの圧勝。


11-1で上がりました。

ボーニング、ミスも少なかったです。


画面が10-1になっているのは、

レフェリーの操作ミスですね。


まず先に「11点」にしなきゃいけないところ、

すぐ「ゲームオーバー」を

押しちゃったのでしょう。


…………


さあ、一夜明けて、

遂に今年の世界選手権も千秋楽です。


準決勝は9/18の日本時間19:30から。


ボーニング vs 柯乗中


柯乗逸 vs 呉珈慶 です。


その後、続けてファイナルもあります。


呉は2005年に一度優勝していますが、

他の誰が勝ってもおかしくないメンバーですね。


BDも最後まで楽しんで取材してきます。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL

 

ビリヤードOK、ダーツOK、パーティーOK! RALLY淵野辺店


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事