2014年

8月

17日

〈BD〉「この先も自分の球撞きをしたい」――GPE-6準優勝・永松宣明の談話

永松宣明
永松宣明

 

日付が変わって今日は、

 

京都でアマチュアの伝統の一戦

『第54期名人戦A級戦』が行われます。

 

現名人の和田敏幸選手への

挑戦権を手にするのは誰になるでしょうか。

 

また、東京では、ビリヤード場の「BAGUS」が

JPBAとQ-CLUBとコラボレートして

企画したイベント

『Summer Billiards Party』が行われます。

 

トッププロ8名が出場して競う

「10ボールリングゲーム」の説明は

BDのこちらの記事で。

 

BAGUSの顔であり、イベントを統括する立場の

西尾祐プロのブログはこちらで。

 

…………

 

さて、1週間が経ってしまいましたが、

 

先週行われたJPBA東日本男子プロツアー

『GPE-6』(グランプリイースト第6戦)で、

 

内垣建一プロにファイナルで敗れたものの、

 

自身初の準優勝を飾った永松宣明プロの

談話をお届けします。

 

永松プロはプロ5年目(JPBA44期生)。

 

活動拠点は神奈川で、

出場しているプロ公式戦は関東の大会だけなので、

 

関東以外の方はあまりご存知ないかもしれません。

 

BDは以前、地元が近かったこともあり、

アマ時代から度々観ていました。

 

キビキビと攻撃的に撞くサウスポーです。

 

プロ入りして、

これまでGPEで2度5位タイがありますが、

 

4強に入るのは今回が初めてで、

当然ファイナリストになるのも初めてでした。

 

…………

 

Nobuaki Nagamatsu

1976年10月14日生

JPBA44期生

『ビリヤード紅白』(神奈川)所属

 

 

――GPE-6から1週間経ちました。

試合のことを思い出すことはありますか?

 

「やっぱりありますね。

 

特にファイナルは『あの球はこうすれば良かった』とか、

色々と振り返ることがあります。

 

その反面、自分のやりたいビリヤードができたから

ファイナルまで行けたのかなとも思います」

 

――試合直後、「ファイナルは体力のなさを痛感した」

と語っていましたね。

 

「そうですね。

 

体力がないから集中力が切れちゃったのかなって。

 

ファイナルは思考が停止しちゃった感じでした。

 

結構難しい配置が多かったし、

タイム(ショットクロック)が入っている状況で、

 

上手く考えをまとめられないまま撞いてしまいました。

 

そこは悔いが残る部分です」

 

――ベスト16からセミ・ファイナルまでの試合は、

よく撞けていたのではないですか?

 

「予選で『自分が撞きたい球を撞こう』という

意識で臨んで、それで通過できて、

 

その気持ちのまま決勝日に臨めたと思います。

 

やりたいようにできたから、

今回、成績が上がったのかなとも考えています。

 

このままこの先も

自分の球撞きをしてみようかと思っています」

 

――永松プロの言う『自分が撞きたい球』とは?

 

「前は無茶な攻めも結構やっていたんですが、

もう少しバランス良く撞きたいなと思っていました。

 

今回は要所要所で守りも上手く使えたかなと思います。

 

でも、自分は攻めに自信があるし、攻め主体ですけどね。

良いイメージがある球はやっぱり攻めたくなります」

 

――確かにオフェンス力が光りますね。

その辺りの自己評価はどうですか? 

ランキング上位陣との戦いでも通用するのでは?

 

「どうですかね。

 

今まで色々なプロの方々とやってきて、

通用しない訳ではないと思いますけど、

 

でも、やっぱり上にいる人達は、

選択からして自分とは違うんだろうなというか、

 

俺みたいに単純ではないんだろうなとは

思っています(笑)」

 

――永松プロは全てのプロ公式戦には

出ていなくて、出ているのは関東開催のもの、

つまり、GPEと『ジャパンオープン』と

『関東オープン』ぐらいですね。

 

「そうです。遠征には行ってないです。

 

行ったのは、

1年目の『関西オープン』ぐらいですね。

 

やっぱり今の自分は、

全部の試合に行けるような環境が作れていないです。

 

でも、いずれは行きたいと思っています。

やっぱり自分の力を試してみたいですから」

 

――今年の今後の試合は?

 

「関東オープン(9月)と

GPEの最終戦(10月)には出ます。

 

もし行けるようだったら

北陸オープン(10月)も行きたいと思っています。

 

今後も頑張って戦える環境を作って

多くの試合に出られるようにしたいと思います」

 

…………

 

次は優勝を!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

 

<<<前の記事