2014年

7月

15日

〈BD〉レディース3Cオープンは肥田緒里恵優勝! そして気になる女子3C世界選手権の開催は……!?

肥田緒里恵
肥田緒里恵
左から、3位・薬師寺麻由美アマ、2位・西本優子、優勝・肥田緒里恵、3位・深尾典子アマ
左から、3位・薬師寺麻由美アマ、2位・西本優子、優勝・肥田緒里恵、3位・深尾典子アマ

 

一昨日の日曜日、

東京・新大久保の『ビリヤード小林』で、

 

スリークッションの女子公式戦

『第25回レディースオープン3Cトーナメント』

が行われました。

 

優勝したのは、「世界のHida」こと

肥田緒里恵プロ(JPBF)。

 

ファイナルで今年の3C女子全日本選手権者

西本優子プロ(JPBF)を破っての、

 

久々の女子公式戦優勝となりました。

 

本大会は、プロは一律15点、

アマは持ち点の半分という「ハンデ戦」。

 

前回、前々回とアマ選手が優勝していましたが、

今年はプロが威厳を保った格好ですね。

 

といっても、

会場の雰囲気は、さすがは女子オンリーの

試合ということもあって(20名参加)、

 

華やかで賑やか、そして、プロアマの

交流が随所に見られる楽しいものだったようです。

 

…………

 

2012年の3C女子世界選手権・東京大会
2012年の3C女子世界選手権・東京大会

 

さて、女子スリークッションと言えば、

気になるのは、

 

今秋に予定されていた『世界選手権』のこと。

 

だいぶ前から

「2014年10月にギリシャで開催予定」と

アナウンスされていましたが、

 

開催日が近付いても

インフォメーションの決定稿が全く出ず、

関係者と選手達をヤキモキさせていました。

 

実は選手達の間では、

「ギリシャ開催は流れそうらしい……」という

ウワサも流れていたほどでした。

 

これはアウトかなとBDも思っていたのです。

 

しかし!

 

開催は決定しました。

 

ギリシャではなくトルコで。

 

UMBのホームページの「カレンダー」

書き換えられているので、

トルコで確定と考えて良いでしょう。

 

日程は10月24日~26日。

 

開催地変更の経緯は全くわかりませんが、

BDの勝手な想像では、

 

ギリシャが「やるやる」言いつつ

ギリギリまで引っ張った挙句に

「ウチ、無理!」と放り投げようとしたのを、

 

見かねたトルコが救い上げた感じでしょうか

(外れてたらすみません)。

 

いずれにしても白紙にならなさそうで良かった。

 

現時点でこの世界選手権に日本から出場する

権利を持っているのは、

 

1 2012年東京大会優勝者、

ディフェンディングチャンピオンの

東内那津未(JPBF)

 

2 今年の3C女子全日本選手権チャンピオンの

西本優子(JPBF)

 

……の2名です。この2名は「確定」。

 

そして、次点者が、

3C女子全日本選手権で準優勝だった

肥田緒里恵プロなのです。

 

肥田プロが出られる可能性は

どのぐらい……!?!?

 

現段階ではわかりません。

 

しかし、前回の東京大会もそうでしたが、

 

各大陸・地域・連盟の有資格者が

全員きっちりとは揃わないことが想像できます。

つまり、辞退者が出るのでは? と。

 

その枠が回って来るのではないだろうか、

というのがBDの希望的観測です。

 

そしてまた、

 

過去の女子世界選手権で3連覇の偉業を達成

している(2004年、2006年、2008年)

 

トップ中のトップである肥田プロが

出ていない世界選手権なんて!

と、身内びいきの感情論とわかりつつ

訴えたくなります。

 

主催者側としても大会にお客を集めたいし、

箔を付けたいでしょうから、

 

いわゆる「ワイルドカード」(特別枠)を

使ってくれるのではないかと淡い期待。

 

……などと、極東の個人メディアが

今から先走り過ぎてもいけませんので、

 

この件、続報が入り次第追ってお伝えします。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

 

<<<前の記事