〈BD〉私の撞球ヒストリー『MY Billiards Days』vol.1 今村哲也さん(KRC理事長/会社経営)前編

 

「仕事も趣味もビリヤード」

「ビリヤードだけで生きている」

という人はほんの一握り。

 

多くの人は一般の職に就き、

余暇にビリヤードを楽しんでいます。

 

仕事と球、どちらもおろそかにせず、

時間と体力をやりくりする苦労を

多くの人が味わっているでしょう。

 

でも、中には、

仕事にもビリヤードにも全力投球で、

自分の流儀で成果を上げ、

名を知られている人がいます。

 

そんな熱い撞球人を紹介する

新インタビュー企画を始めます。

 

第1回にご登場いただくのは、

「アマローテ」タイトルを持ち、

KRC(京都ローテーションクラブ)で

理事長を務めている今村哲也さん。

普段は自ら興した清掃業と

鳥害対策の会社で勤務しています。

 

ビリヤードとの出会いは高校時代。

一時はプロへの道を志望していた

という今村さんの撞球ヒストリーを。

 

…………

 

今村哲也:Tetsuya IMAMURA

生年月日:1981年6月27日生まれ(取材時38歳)

血液型:A型

出身・在住:京都府出身京都府在住

職業:株式会社クリーンオネスト・代表取締役社長

所属店:VAMP(京都市伏見区)

所属団体:KRC(京都ローテーションクラブ)現理事長

プレーキュー:アダムジャパン『MUSASHI(倭)(シャフトは早川工房オリジナル10分割)

主な戦績:

2014年『全国アマチュアビリヤード都道府県選手権大会』(国体記念大会)3位タイ

2017年『アマチュアポケットビリヤード選手権大会』優勝

2019年『日本縦断関西オープン』準優勝

憧れのプレイヤー:折戸和幸(KRC元理事長)

ビリヤードを教えてくれた人:当時の周りのプレイヤー全員

ビリヤード以外の趣味:スポーツジム、2ヶ月に1回のフットサル、冬はスノーボード

座右の銘:誘われたら断らない

 

…………

 

取材協力:VAMP(京都市伏見区)

 

 

――今日はお忙しい中をありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

 

今村(以下、今):こちらこそありがとうございます。BDさんのインタビューを受ける機会をもらえて光栄です。面白い話ができるかどうかわかりませんがよろしくお願いします。

 

――さっそくですが、今村さんのビリヤードとの出会いから教えてください。

 

今:高校3年で受験の準備に入った頃でした。最初は友達のバイト先の先輩に連れられて行って、2~3回くらいは「誘われたから」行っていましたが、気が付けば友達と2人で自転車で通うようになっていました(笑)。

 

――受験生とビリヤード。良くないですね(笑)。

 

今:そうなんですよ。僕は高3の夏に「芸術系の大学に行きたい」と思い立ったけれど、これはビリヤード云々とか関係なく、デッサンとかそうした準備が間に合わなくて、親から「浪人は許さん」と言われていたので、一般の私立四年生大学に進学して自宅から通いました。

 

――大学生の間もビリヤードを?

 

今:そうですね。あの頃は学校もあまり行かずにビリヤードとバイトばかりしていて、球も一番撞いていたと思います。でも一応、四年で卒業はしました。卒業するまでにはA級になっていたと記憶しています。

 


↑18~19歳くらいの頃。美容室のモデルをしてた時の写真

 

 

――卒業後の進路は?

 

今:通っていたビリヤード場に店長として働くようになりました。その頃はプロになろうと思っていたので。中学でスノーボードをしていた時も「プロになりたい」と思ったので、僕はハマるとすぐプロ志向になるんですね。ビリヤードを始めてからスノーボードは少しずつ行く回数が減りました。

 

――その頃にKRC(京都ローテーションクラブ)へ入ったのですか?

 

今:在学中か卒業してからかは記憶が曖昧なのですが、およそその頃です。当時のKRCには西村(被)、中野(雅之)とかがいて、僕の後から山本一成が入ってきたと思います(いずれもKRCの主力選手として活躍)。そして、桧山プロ(春義。故人)主催の練習会に誘ってもらったり。当時は一緒にオープン戦にも行っていて、彼らは2日目のベスト32とか16に残って、僕は初日の最終で負ける。「ああ」ってなりますよね。そんな記憶があります。でもビリヤード場で働いたのは1年くらいで、その後に転職をしてビリヤードとも徐々に距離を置くことになりました。

 

――転職から現在の仕事までの話を聞かせてください。

 

今:周りから「ビリヤードのプロで食べていくのは厳しい」とか、そんな話を聞いている時に、先輩が起業するというのでそれについて行きました。電話回線の切り替えを勧める営業だったのですが、あまり上手くいかなくて確か1年くらいで終わったかと。

 

――世の中の厳しさを味わいましたね。

 

今:ですね。それから不動産や建築関係などいくつか仕事をした中で、知り合いに清掃業をしている人がいたのでアルバイトで手伝って、思えばあれがあったから今に繋がっているんですね。手が足りない時に手伝いに行くけど、普段はそんなに仕事がなかったので、それなら自分で独立して営業をしてみようと。

 

勤務中
勤務中

 

――清掃業務は順調に?

 

今:いや、仕事が落ち着いてきたのは最近です。自分で仕事を始めた時に「10年やれ」と色んな人に言われたので、「何の10年かな?」と思いながら続けてみたら、本当に10年くらいで軌道に乗った感じです(笑)。振り返ってみたら信用とかそういうことだったのかな? と。途中、未払いとか色んなこともありました。

 

――初めて聞く話ばかりです。

 

今:ビリヤードで会う人って共通の趣味で語り合うくらいで、お互い何をしている人かは知らないことが多いですよね。同じお店で撞いていたら仕事の話もするかもしれませんが。

 

――本当にそうですよね。仕事を軌道に乗せるまでの間もビリヤードは続けていたのですか?

 

今:ずっとKRCに籍は置いていましたが、長いブランクだったとも言えますね。特に25~30歳くらいの間はKRCの例会の時だけキューを握る月イチプレイヤーだったので、決して競技者というスタンスではなかったです。

 

――そして現在は会社の代表に。

 

今:代表といっても僕を含めて5人の会社ですが。今の仕事は個人で6~7年して、その後に法人化をしてその会社が7期目という状況です。

 

――ビリヤードに本格復帰をしたのは法人化してからですね?

 

今:そうですね。このお店(『VAMP』)が出来て1年くらいの頃だったから、今から7、8年くらい前かな? ……に顔を出すようになって、「ほら、やっぱりまたハマってもうたやんか」という感じです(笑)。

 

――(笑)そして競技に本格復帰。今年からKRCの理事長になられたと聞いています。今村さんにとってKRCとは?

 

今:実は元々は入りたくなくて、誘われたから「じゃあ入ります」という感じだったと思います。だからKRCとは? と聞かれるとどう答えていいのかわらかないんですよね(笑)。

 

――入りたくなかったというのは意外です。

 

今:昔のKRCは怖かったんです。最初の印象が「怖い人多いな」で、20代そこそこの僕はビクビクしながら行っていました(笑)。でも入ってみたら慣れるし、みんな実際には優しかったです。今でも僕にとってKRCがどういう存在なのか上手く説明できないですけど、僕が理事長になったのは、みんなを引っ張って『都道府県対抗』で優勝したい、っていう思いからです。

 

2019年都道府県対抗にて
2019年都道府県対抗にて

 

――「あの大会は特別」。皆が口を揃えますね。

 

今:僕は優勝したことがないけれど、観に行っても他チームが優勝する姿を見たらグッときますよね。多分これは誰にも話したことはないと思いますが、あそこで優勝したいです。僕がKRCに入会した時は折戸(和幸)さんが理事長だったんですけど、各県のエースが揃う5番手で9割勝つとか、絶対エースだったんです。僕なんか6勝7勝するのにも「ハアハア」言っているのに。あれは憧れますよね。多分、他県の人も折戸さんに憧れている人はいると思います。だから僕が絶対エースになってチームを引っ張って優勝する。これが僕の目標のひとつです。

 

――すると他の目標は?

 

今:『アマローテ』(2017年)で優勝した時は、フワフワした状態で「あ、勝った」、「また勝った」という感じで、結果として優勝できたけど実感もわかない状況だったので、次は「優勝するぞ」という思いを持って挑んで、そして優勝したいですね。

 

――勝ちに行って勝つ。一流の証ですね。

 

今:実際にはフワフワしてもいいし、何でもいいから、勝ちに行って結果を残したいです。と言っても、今年は『マスターズ』も『アマローテ』も京都予選を通過できていないので、絶対エースとは程遠いですけどね(笑)。

 

(前編了)

 

※後編に続く

(後編では今村さんがプロにビリヤードを教わった話、ビリヤードを通じて全国に仲間ができた話、YouTube番組に出演していることなどをお聞きします)

 

 

…………

 

BD Official Partners :  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

13都道府県で開催。アマチュアビリヤードリーグ。JPA

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

赤狩山幸男プロ参加の平日トーナメント開催中。 BAGUS

カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN

ジャストなビリヤードアイテムが見つかる。キューショップジャパン

2018年4月大阪市淀川区西中島に移転リニューアルオープン。日勝亭

オウルグローブ新モデル「+」(プラス)発売中。SHOP FLANNEL

国内外トッププレイヤー達が信頼する国産積層タップ。斬タップ

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

 

<<<前の記事