2017年

3月

28日

〈BD〉「20、30年前に戻ったような……」――ニッカオープン優勝・島田暁夫の談話

Akio Shimada
Akio Shimada

 

日曜日のスリークッション公式戦

『ニッカオープン』で優勝した

島田暁夫プロの短い談話をお届けします。

 

次の3C公式戦は『全日本選手権』。

島田プロは

ディフェンディングチャンピオンとして登場します

(昨年の優勝インタビューはこちら)。

 

ニッカオープンのフォトギャラリーはこちらから。

 

…………

 

Akio Shimada

 

1952年11月29日生

東京都出身

1973年JPBF入会

『全日本選手権』優勝3回

『ジャパンカップ』優勝3回

近年では、

2015年『プロスリークッション第11回アカデミーZ戦』優勝

他、優勝、入賞多数。

『ルパン』(東京)所属

 

…………

 

――率直な感想を。

 

「いや、もうほんと嬉しい。

すごく嬉しいですよ。

 

結構チビりながら撞いてたんですけど、

その中でもまあなんとか撞けていたので、

良かったと思います」

 

――まくり勝ちを収めたベスト8(新井達雄戦)が

ハイライトの一つではないでしょうか。

 

「まるで20、30年前に戻ったような、

そういう感覚のゲームが

また撞けるようになってきたというか。

そういう意味での手応えはありましたね。

 

なかなかあの展開でああいうプレーって

できないんですけど、

テーブルコンディションも良かったですし、

集中できていたと思います。

 

なんと言うんでしょうか、

『地獄の中の戦い』みたいな(笑)。

あそこをものにできたという喜びもあります」

 

――準決勝では15点ハイランが出ました。

そして、決勝でも優勢にゲームを進めていました。

どんなことを心掛けていましたか?

 

「うーん、特にないですね。

なにしろ全力でやるだけでしたので(笑)」

 

――昨年の『全日本選手権』以来の優勝でした。

 

「これで3年続けて、とりあえず年に1度は

優勝できていますので、それも嬉しいですね。

 

もう少し競技活動を続けてみようかなと

思っています(笑)」

 

――次は5月の『全日本選手権』。

昨年は優勝しています。今年の意気込みを。

 

「2年連続で良い結果が出せるとか、

そんなに上手く行くことはないとわかっていますが、

もう全力で戦うだけです。

しっかりと練習して臨みますよ」

 

(了)

 

…………

 

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

BAGUS 横浜西口店。2017年3月グランドオープン。BAGUS

 

カーボン繊維構造REVOシャフト搭載モデル発売中。PREDATOR JAPAN

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事