2017年

3月

22日

〈BD〉実用性に磨きをかけたキューケース、『ビスマルク』登場

 

プレーに必要なキューと、

そのスペアシャフトまで一式全て。

それにエクステンションやメンテナンスグッズ、

小物類もざっくり詰め込んで…………

でも、扱いやすいキューケース。

 

プレイヤーのそんな声を集約したかのような

実用的なキューケースが、New Artから登場です。

 

…………

 

その名も『BISMARCK』(ビスマルク)。

 

先に仕様をご紹介すると……、

 

カラーは3タイプ

・赤い革+橙のステッチ

・黒い革+赤のステッチ

・チョコレート色の革+白のステッチ

 

収納本数は、3B5S

(バット3本 & シャフト5本)

 

エクステンションホルダー有り、

ポケット2つとメッシュの簡易ポケットも有り

 

サイズは87x17x10cmで、

重量は約2.4kg

 

※詳しくはNew Art公式ホームページの

商品紹介ページを。こちらから

 

…………

 

 

ビスマルクは、

良質の本革を用いたキューケース。

 

単色カラーで、見開き型で、取り回しが楽で、

モノが出し入れし易い……という

型状やスタイルは、

 

人気を博したあの『アメリカンバイナル』

(※現在は生産打ち切り)を

想起させるところがあります。

 

いわゆる「バイナルタイプ」に

カテゴライズされるケースでしょう。

 

こういうケースを待っていたという方も

多いのではないでしょうか。

 

…………

 

 

もちろん、ただ単に

「バイナルタイプ」をなぞっているのではなく、

徹底的に実用性に磨きをかけた、

2010年代の今、使いやすいケースです。

 

例えば、タテに立ててもヨコに寝かせても、

どこにでも置いたり、立て掛けたりしやすいように、

金属製バンパー(スタッド)を

側面と底面に配しています

(※画像はタテに立てた場合の底面のバンパー)。

 

…………

 

 

また、メインの持ち手以外にも、

縦持ちハンドルとショルダーベルトも備えているので、

こんな風に背負って、徒歩・自転車・バイクで

移動することもできます。

 

側面部はクタッとならず防護性もあります。

 

…………

 

 

なんといっても秀逸なのが、

収納力の高さと出し入れのし易さ。

 

ジッパーで本体をガバッと開くことができ、

バットとシャフト収容部は

パタンとひっくり返すことができます。

 

インナーの素材自体が肉厚なので、

キューを安心して出し入れしたり

持ち運びができます。

 

そして、バットインサート部は、

バットエンド側からの挿入も可能。

ジッパーが付いていて

ゴムグリップを装着している

キャロムキューも収納できます。

 

ポケットもどう使おうかと想像が膨らみますが、

まずは思い付いたまま詰めてみましょう。

 

あふれそうなぐらいにパンパンになっても

(実際にあふれても)、

最終的にケース本体のジッパーが閉まれば

持ち運べるし、バレないのですから。

 

「気楽に詰め込める」というのも

こういった型状のケースの

隠れた(?)利点と言えるでしょう。

 

…………

 

外観は高級ビジネスバッグのような風合いで、

飽きの来ないレザーの質感とデザイン。

 

一方で、専門道具を収めて運ぶ容れ物としての、

使い勝手と実用性にこだわった構造。

 

その2つを兼ね備えた『ビスマルク』。

きっと長く使えるキューケースになると思います。

 

 ※New Artの最新情報は、

TwitterFacebookページにて!

 

…………

 

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

BAGUS 横浜西口店。2017年3月グランドオープン。BAGUS

 

カーボン繊維構造REVOシャフト搭載モデル発売中。PREDATOR JAPAN

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 
<<<前の記事