〈BD〉カスタムの輝き・「ハーセック」編その2

 

カスタムキューを多数取り扱っている

UK Corporation

 

その代表、大原秀夫氏が所蔵している

キューを見ていく本企画。

 

(※過去記事はこちら

 

今回ご紹介するのは

Joel Hercek(ジョエル・ハーセック)です。

 

BDで紹介するのは2回目です

(1回目はこちら)。

 

アメリカ・イリノイ州在住のハーセックは、

名匠、バートン・スペインの

機材とノウハウを引き継いで

1990年代に製作を始めたメーカーです。

 

…………

 

 

今回紹介するモデルは、

色数と装飾を絞ったシンプルで

クラシカルな一本。

 

フォアアームは

バーズアイメイプルをベースに

エボニーの4剣ハギ。

 

スリーブはエボニーをベースに、

スロッテッドダイヤとドットを

インレイしています。

 

全長は59インチあるので、

一般的なキューより少し長め。

 

このキューは「Not for sale」です。

 

大原秀夫氏・談:

 

「これは恐らく2000年代の初めに

製作されたキューでしょう。

 

これもあのバートン・スペインの

ハギの作り方を継承しているため、

グリップの方までハギが入ってます。

 

とってもシンプルなデザインで、

 

ハギの先のスピアヘッド(矢じり)が

シャープで非常に格好良いです。

 

このスピアヘッドは

前回紹介したモデルにも入っています。

 

あと特徴的な部分は、

この樹脂製のバットキャップ。

 

エッジがあるでしょう。

 

これは、キューを丁寧に扱ってもらいたい

という意味で

わざと角を取らずに作ってあります。

 

球を外して熱くなって

ガーンとキュー尻を床に打ち付けたり、

乱暴に扱ってぶつけてしまうと

簡単に欠けてしまいますから。

 

このキューは

ネットオークションで入手しました。

 

まだ彼のキューの価値が今みたいに上がる前で、

中古で30万円ぐらいだったでしょうか。

 

今は6~7000ドルぐらいすると思います。

 

彼は日本とアメリカとで知名度のギャップが

激しすぎるメーカーの一人でもあります。

 

私は彼の人柄に惚れ込んでいるから、

オークションで見付けたら

『これは買わにゃいかん』と。

 

彼はメーカーになる前は

キューディーラーだったのですが、

 

その昔、日本の僕からの問い合わせに

一番最初に対応してくれて、

カタログを送ってくれた人物。

 

非常に誠実な人柄ですし、

今までに一番美味いステーキを

食わせてくれた人でもあるので、

 

ハーセックと聞くと

すぐ反応してしまうのです(笑)」

 

(了)

 

…………  

    

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

BAGUS 心斎橋店。2016年11月グランドオープン。BAGUS

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

 

 

<<<前の記事