2017年

1月

20日

〈BD〉ダービーシティー開幕。日本からは大井直幸、羅立文、浜田翔介、高野智央が参戦!

渡米前日の高野智央 at Imperial
渡米前日の高野智央 at Imperial

 

アメリカのインディアナで、

 

日本時間21日より

『Derby City Classic』

(第19回ダービーシティークラシック)が

始まります。

 

会期は日本時間で、1/21~1/29。

 

会場は、

『Horseshoe Southern Indiana』

(ホースシューサザンインディアナ)という

カジノホテルの中。↓

 

Photo : heita3 2015
Photo : heita3 2015

 

本大会の主要種目は、開催順に言うと、

 

●9ボールバンク 1/21~

●ワンポケット 1/23~

●9ボール 1/26~

 

……の3つあり、

 

それぞれでチャンピオンを出すだけでなく、

 

3種目トータルの成績で、

「オールアラウンドチャンピオン」

(総合優勝)も決定します。

 

また、会期中にはサブイベントとして、

 

●ストレートプール(14-1)チャレンジ

●ビッグフット10ボールチャレンジ

●バンクリングゲーム

 

といった種目も行われます。

 

さらに公式・非公式な

ロングゲームのガチ勝負も

いたるところで行われるという、

「9日間のアメリカンプール天国」

と言って良いイベントで、

以前から根強い人気を誇ります。

 

昨年の各部門の覇者は以下の通り。

 

 

A・パグラヤンは

2年連続2度目の総合優勝でした

(ワンポケットも2年連続2度目の優勝)。

 

…………

 

本イベントはWPAランキングポイント

対象試合ではないということもあり、

 

これまでJPBAプロが参戦することは

まれでしたが、

 

今年は、大井直幸、羅立文、浜田翔介、

高野智央の4名が参戦します。

 

全員、ダービーシティークラシックは初。

 

日本では、9ボールバンク(バンクプール)と

ワンポケットの公式戦がなく、

プレーする土壌・文化も皆無に等しいため、

この2種目では苦戦が予想されますが、

日本にノウハウやティップスを

持ち帰って伝えてほしいと思います。

 

羅プロには

ストレートプール(14-1)チャレンジでの

上位進出に期待! ですね。

 

本記事のトップ画像は、

渡米前日の「トモヲ」こと高野智央プロ。

 

「あっれ? 行きの飛行機、

どういう乗り継ぎルートだったっけ……!?」

 

などと言ってましたが、

無事に着いていることを祈ります。

 

…………

 

大会公式サイトはこちら(英語)。

 

今見て気付きましたが、

5年先の開催日程まで発表されてます。

 

こういうところも

アメリカのプールファンのハートを

掴むゆえんなんでしょう。

 

…………  

   

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

BAGUS 心斎橋店。オープニングキャンペーン中。BAGUS

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

人気拡大中。スタイリッシュな電子タバコ。SK, Vaper

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事