2016年

10月

18日

〈BD〉名キューが東京に大集合! 「TOC Nipponに潜入せよ!」――Detective “K” inside story

 

オレの名は、K。探偵屋だ。

 

だから皆オレのことをDetective "K"と呼んでいる。

 

ビリヤードの道具、キューの調査なら任せてくれ。

 

ぷるぷるぷる……。

 

ん? あり得ないタイミングで、BDからの電話だ。

 

「『TOC Nippon』というイベントがあるんですが、

行ってもらえますか?」

 

TOC?

 

ティーオーシーといえば、洋服・雑貨などが安い

品川区五反田の「東京卸売センター」だ。

価格調査か、市場調査か?

 

「……都内在住者にしかわからないネタは

やめてください。

 

『Top Of Cues Nippon』、キューコレクターが

港区の『God Dragon』に集まる件です」

 

そうか、ちょうど新しいトレンチコートを

買いたいから、TOCに……。

 

「ボケはいいからさっさと行ってください!

キューですよ、キュー!」

 

はーい、すみません。

 

気が短いな、BD。

 

オレはキュー探偵。引き受けるぜ、その依頼。

 

*****

 

 

10月8日(土)。

 

オレは地下鉄大江戸線、赤羽橋駅で降り

中之橋口から地上に出た。

 

午後1時。

 

朝から降り続いていた強い雨は、ほぼ上がった。

 

Detective “K”だとバレないよう、

上等なDressterior社のシャツに

ビリヤード柄ネクタイ。

 

変装は完璧だ。

 

オレはコートの襟を立て、

とぼとぼと首都高下の中之橋を歩いて渡り、

目的地に着いた。

 

……ここが『God Dragon』。

 

エレベータで5Fに上がり、入口の扉を開ける。

 

『Top Of Cues Nippon』のパネル。

間違いない。

 

オーナーの宗田三佳プロが暖かく迎えてくれる。

 

長いバーカウンターを通り過ぎ、奥に進む。

 

その先に、目的のブツがあるはずだ。

そう、BDからの依頼、数々のキューが……。

 

「あー、Kさん。

何やってたんすか、遅いですよ~」

 

*****

 

あ、あれ?(汗)

 

「さぁさぁ、

持ってきたキューを並べてください。

招待したゲストが来ちゃいますよ」

 

……すっかり忘れていた。

オレもキューを展示することになっていたのだ。

 

*****

 

 

イベント発起人は、北海道札幌市の、松實伸之氏。

 

「奇才」ディヴィッド・ポール・カーセンブロックの

キューコレクションで、世界的に有名な存在。

 

12本立てられる木製ラックを展示者の人数分、

地元の工房で特注して用意するぐらい、

このイベントに力を入れている。

 

展示者は9名。

 

キューメーカー「ILC」の作者としても知られる

新潟の菱沼巌氏や、

 

BDでもおなじみの、

U.K.コーポレーション、大原秀夫氏など、

 

各地から集まった気鋭のコレクターたちだ。

 

各コレクターは、キューを用意された

特注ラックに立てかけるだけではなかった。

 

皆、展示しきれないキューを平置きしたり、

 

キューケースやヴィンテージチョーク、

メーカーロゴ入りのTシャツを展示したり、

 

銘木があしらわれた工芸品を飾ったりと

様々な演出で盛り上げている。

 

まずい。

 

“K”とバレないよう、

変装に力を入れていたオレは、

キューしか持ってこなかった。

 

しかも、わかる人にはわかるが、

そうでない人にはそれなりの微妙なラインナップ。

 

とっさにビリヤード柄のネクタイを外し、

キューラックの前に置いて、お茶を濁した。

 

*****

 

午後3時。

 

各参加者が招待したゲストが来場し始めた。

その数およそ40人。

 

いずれもキューに対する知識や思い入れは

半端ではない。

 

茨城県牛久市のキューメーカー、

『HAKU Custom』の高橋博之氏も

サンプル3本を携えてゲストとして来場。

そこに皆集まってきた。

 

コレクターの本質は、飽くなき探究心。

目新しいキューが出現すると、

チェックせずにはいられないんだな。

 

キューを持参してお披露目するゲストも多く、

会話もはずむ。

 

持ち込まれたヴィンテージキューを囲んで、

参加者総出で鑑定大会となる場面もあった。

 

一本のキューに対する、

コレクターたちの生き生きとした表情と

真贋やコンディションを見定める眼光の鋭さ、

 

そして穏やかな口調ながら

シビアな会話の対比が奇妙だ。

 

*****

 

 

ところで、オマエは何を展示したのかって?

 

オレ自身のこだわりを表現するため、

12本すべて違うメーカーの作品を並べた。

 

こだわりが強すぎて、大半のキューはスルーされた。

 

その中で、入手の過程で最もトホホな経験をした、

デニス・ディックマンのキューが一番注目された、

というのは意外だった。

 


 

まったく、キュー好きな連中が何を考えているのか、

ワカランぜ。

 

*****

 

TOC Nipponは、

来年も開催することで意見が一致した。

 

コレクターたちの蒐集欲が尽きない限り、

内容や参加者数もスケールアップしていくだろう。

 

またなんかあったら調べるぜ。よろしくね、BD!

 

(to be continued…) 

 

………… 

 

Detective “K”――ディテクティブKについてはこちら。 

 

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 


徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

 

<<<前の記事