2016年

9月

03日

〈BD〉りょーじさんの”ライオンブレイク”、スロー動画

 

先週末の

『グランプリイースト第5戦』(GPE-5)で

優勝した、

 

青木亮二プロの10ボールブレイクの

スロー動画をお届けします。

 

…………

 

青木プロと言えば、

以前から身体をしっかり使って、

 

“蹴り足””エビ反り”“シャフトぐにゃん”で

インパクト&フィニッシュする

スタイルで知られています。

 

ハードブレイカー礼賛時代のアメリカ選手や

F・ブスタマンテ(フィリピン)とも似通った、

躍動感あるフォームですね。

 

↓ 横からのスロー。

※画面のチラつき、ご容赦下さい。

 

 

↓ 続いて、後ろからのスロー。

 

 

改めてスローで観てみると、

 

ここまで手首を巻き込みながら

キューを送り出していたのかと

驚きました。

 

スト様(E・ストリックランド)の

フォロースルーのような。

 

そこも含めて、

一朝一夕にはマネできないであろう、

全身を使った打ち方です。

 

青木プロ本人から

コメントをいただきました。

 

青木亮二・談:

 

「この動画のブレイクは、

“だいぶパワーを抑えつつ、

蹴り上げるバージョン”ですね。

 

手首の使い方は、

自分でも写真を見て、

『ここまでしてんの!?』みたいな。

 

これのせいで当たりが悪い時も

あるんやないかとも……(笑)。

 

まあ、手球を打った後の動作だから

関係無さそうですけどね。

 

以前はもっと真っ直ぐヒジに

バットエンドが当たるような感じでした。

 

それがいつの間にか……。

 

(全身を使ってダイナミックな

フォームについて)

 

9ボールの時は特にそうだったんですけど、

 

知らない人にまで、

『気持よくブレイクしている姿、好きです』

って告白されたこと、多数です(笑)。

 

でも、ずっと強いブレイクをしてると

腰が痛くなるので、

抑え気味になりつつあります。

 

柔軟体操は毎日してます(笑)」

 

…………

 

以下の動画は、同じ日に撮った

“右足を蹴り上げない”バージョン。

(※スローではありません)

 

 

(ちなみにこれは決勝戦のラストゲームの

ブレイクでした)

 

シャフトのレベル(水平)を

できるだけ保ったままフィニッシュに

向かっていくコンパクトな打ち方で、

最近採用する人が多いですね。

 

青木亮二・談:

 

「最近、蹴らないバージョンも

練習してるんですよね。

 

J・イグナシオとか、

ナオ(大井直幸)とか

マサト(吉岡正登)みたいな感じの。

 

この日は、それも織り交ぜつつ、

なんか色々してましたね。

 

そこはブレ中です(笑)。

 

まだブレイクの練習は行き届いてないです」

 

りょーじさん、ありがとうございました!

 

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事