2016年

7月

17日

〈BD〉界敦康、3Cプロトーナメント『グランツ戦』で優勝! フォトギャラリーあり

Nobuyasu Sakai won PRO 3-Cushion Tournament at GLANZ, Tokyo
Nobuyasu Sakai won PRO 3-Cushion Tournament at GLANZ, Tokyo
Runner-up : Jun Tanaka
Runner-up : Jun Tanaka

 

ポケットビリヤードの『ジャパンオープン』が

行われているこの3連休。

 

連休初日(16日)に東京では

スリークッションのプロ(JPBF)公式戦、

 

『PRO 3-Cushion Tournament GLANZ戦』が

開催されました。

 

今年オープンしたばかりの

東京・幡ヶ谷『ビリヤードカフェ GLANZ』(グランツ)の、

 

こけら落とし公演にあたるトーナメントです

(※グランツ訪問記はこちら)。

 

店主の竹島欧プロは3位入賞。

 

その竹島プロを準決勝で倒した

隣町(笹塚『MARS』)の界敦康プロが、

 

近年、安定して決勝ラウンドに

進出してきている田中潤プロを決勝で破って、

記念すべきGLANZ戦・初代ウィナーになりました。

 

優勝:界敦康

2位:田中潤

3位:町田正、竹島欧

(30点ゲーム。13名シングルトーナメント)

 

※JPBF公式サイトはこちら

※Carom Seminar、Facebookページはこちら

 

…………

 

BDは午前中〜お昼ごろまで取材していました。

 

新しいお店で新しい試合、

何度立ち会っても気持ちの良いものですね。

 

店主の竹島ご夫妻には

長年お世話になっていることもあり、

 

第1試合の一斉バンキングの瞬間はとても興奮しました

(開催おめでとうございます!)。

 

撮れてないプロもいますが、

フォトギャラリーはこちら。↓

 

 

…………

 

以下、余談です。

 

店内にはテーブルが3台。

 

朝に全選手が集合しましたが、

1~2回転、「待ち」のプロもいました。

 

選手控室もあるのですが、

待ちプロのほぼ全員が、

試合開始からしばらくは他プロの試合を凝視。

 

やはり初めて試合会場として利用するお店、

コンディションの早期見極めが重要なのでしょう。

 

ということですよね? 小野寺健容プロ。

 

 

「そう、僕らプロはね……

 

常にコンディションを見極めてる……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"ふり"が大事なんです!

 

だって、見ててもよくわからないんだもん。

 

なーんてね!(笑)

 

ありがとうございました!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事