2016年

4月

23日

〈BD〉あの"Hammerさん"のビリヤード場が広島にオープン! 『ビリヤード&カフェバー Hammer 広島胡町電停前店』

 

これまで中国でビリヤード場を2店舗経営。

 

BDにも登場してくださったことのある

Hammer(ハマー)さんこと濱崎俊秀氏が、

 

今月、広島で新店舗をオープン!

 

なぜ広島? なぜこのタイミング?

 

そして店舗コンセプトは?

 

その辺りを尋ねてみました。

 

熱のこもったHammer節、健在です。

 

…………

 

Hall Information

『ビリヤード&カフェバーHammer広島胡町電停前店』

【住所】

広島県広島市中区胡町4-25 FFビル7F

【アクセス】

路面電車の胡町(えびすちょう)駅目の前

三越百貨店そば、相生通り沿い

ビル1Fが魚鮮水産(居酒屋)さん

【電話】

082-258-3522

【営業時間】

15:00~5:00 定休日なし

【テーブル台数】

ポケットテーブル×6台

【お得なサービス】

平日デイタイムはプレイ代“0円”無料開放中(ワンドリンク制)

その他3時間パック、1か月撞き放題料金制度あり

【その他】

台湾式レッスンあり

【公式HP】

http://hammerbilliard.com/

【Facebook】

https://www.facebook.com/hammerbilliard/

 

 

――まずは、「なぜ今、広島に?」という

ところから教えてください。

 

Hammer氏談:

 

「広島市内、歓楽街の入口位置である

胡町駅の目の前に、4月8日、

『ビリヤード&カフェバーHammer胡町電停前店』を

オープンさせて頂きました。

 

今までは中国で『Hammer Billiard Club』を

2店舗展開していましたが、

 

娘の教育や身の安全(※現地では脅迫、誘拐、

人身売買などの恐れが常にある)などを考えると

母国で育てたい思いが強くなり、

 

お店は信頼できる方へお願いし、

今年1月末に家族で帰国しました。

 

中国の2店舗は現在も営業しております。

 

『なぜ広島?』ということは、

ホントによく聞かれます。

 

帰国準備中、当初はまず東京へ……と

考えていたのですが、

 

長年お世話になっている広島のENVISION

(Kamuiブランド)の社長より別用で連絡をいただき、

その際、無謀すぎる自分に声を掛けてくださり

帰国直後に仮住まいさせて頂けることになりました。

 

ENVISION社長には、

この場はお借りして御礼申し上げます。

 

物件情報は、帰国前の数ヶ月間、

インターネットであらかじめ調べていました。

 

当時は全国都道府県を対象にしていましたが、

そのおかげで、

広島に来てただちに下見に動くことができ、

すぐに好物件が見つかり、

帰国5日目でテナントが決まりました。

 

母の生家も近郊にあり、

高齢の両親が隠居生活をしています。

 

まさに広島の地に縁があってオープンしたという流れです」

 

レッスン中のHammerさん
レッスン中のHammerさん

 

――そして、「新店舗のコンセプト」とは?

 

Hammer氏談:

 

「今ある"流れ"に乗りながら、

より良いサービスができるように

模索し続けていく事です。

 

とは言ってももう3軒目のビリヤード場開業。

 

過去2店舗の経験で見えた良かったことと悪かったこと。

それらを分析し、上手く改善させ、

地域にも噛み合うお店を目指します。

 

広島はビリヤード場が非常に少ないエリアで

ハードルの高い地域と聞いています。

 

さらに、一般的なイメージとして

『ビリヤード場って敷居が高そうで入りにくい』

という声を今も聞きます。

 

長くビリヤード側にいる身としては

そのイメージの根強さにビックリしましたが、

それを取り壊していきたいです。

 

間口を広げるため4つの活動を始めました。

 

①平日デイタイムにテーブル無料開放

 

②一般広告媒体で“オシャレにビリヤードを楽しむ”

というコンセプトのレッスン開催を告知

 

③昔流行ったプールバー的印象も復活させ

その世代の方達のカムバックの機会を作る

 

④“広島の足”といえば“路面電車”。

路面電車の車内に派手なビリヤード写真を使った広告を打つ

 

一般の方に視覚的に訴えながら

“ビリヤード”を印象付けていき、

とにかく“敷居が高い”というイメージからの

脱却を図りたいです。

 

レッスンについては、私自身が、

"台湾ビリヤードコーチの父"とも言われる

陳修聡先生から長年レッスンを受けてきています。

陳先生は、張栄麟や柳信美を始めとする

世界チャンピオンを育て上げている方。

 

伝授頂いたメソッドを、先生の指示に従い、

中国の自分のお店で約6年かけて

約250名に教えてきました。

 

この内容を進化させつつ

広島の地で継続していきたいです。

 

我流で行き詰って諦めるのも勿体ないし、

メソッドがあるなら先に知った方が

時間も節約できますから。

 

ただ、"ビリヤードは楽しむ範囲でいい"

という方も多いので、

各個人の目標に合わせた教え方をしたいと思います」

 

 

――今後このお店で、

またはHammerさんご自身で

実践していきたいこととはなんでしょうか?

 

Hammer氏談:

 

「今は白紙のキャンバス状態ですし、

こだわらずになんでもやりたいです。

 

とは言え、ビジネスとしても成立しないとダメ。

理想だけでは意味がないので有言実行あるのみです。

 

中国の2店舗は運が良くてたまたま上手く行っただけ

と考えています。

 

努力が必ずしも報われるかどうかもわからないし、

その努力が反対方向に行っていることだってある。

良かれと思うことが悪かったりもするし、

突然変異することだってありえる……。

やれることをやってみます。

 

あとは次世代へ、"店舗運営のレシピ"を作って

残していきたいです。

 

『いつか球屋やりたいなー』と

考えたことのあるプレイヤーは

少なからずいるかと思います。

 

例えば既に引退したプレイヤーや、

若くからビリヤードだけをやってきた人が

リタイアするという時に、

 

"ビリヤード場経営"という道が

確固たる就職先や道しるべとしてあることが

業界的にも不可欠ではないかと考えていて、

このレシピがその一助になればと思います。

 

全国の球屋を出来るだけ減らさずに、

むしろ増やす方向へ向けて

業界全体で考えていった方が良いというのは

前から思っていることです。

 

そのためにも

できる範囲で貢献できそうなことを探してみます」

 

…………

 

 

Hammerさん、ありがとうございました。

 

最後にイベント告知です。

 

5/3(祝)に新店舗で

『オープン記念9ボールトーナメント』を開催。

 

限定31名の9ボールオープン戦です。

エントリーはお早めに!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

新ラックシートの製作費と特許費用を。C&Fオリーブ

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事