2016年

2月

26日

〈BD〉ブレイクの時、ブリッジは? スロー映像で

 

早瀬優治プロ(JPBA)の

10ボールブレイクを撮った際、

 

ブリッジだけのスロー映像も撮ってみました。

 

(撮影場所:SUMIYOSHI〈神奈川〉)

 

 

いや~、なぜか繰り返して観てしまう。

 

キュー先が落ちちゃうんじゃないかという

ギリギリの所まで後ろに引かれて、

 

しばしのタメ(身体は重心移動開始してます)の後、

 

猛然とシャフトが指の輪を

通り抜けていきます。

まるでトンネルを通過する新幹線のよう。

 

ビリヤード全種目・全ショット中

最大のパワーが、

この時この一本の棒に込められています。

 

キュー(テーパー)が太くなっていくため、

インパクト直後から

指の輪のところにどんどん圧力がかかって

輪が開きかかっているのが見えます。

 

ブリッジ全体もかなり揺れていて、

指先がラシャから浮きます。

 

意識してしっかり押さえ付けておかないと、

ブレイクの時、ブリッジは簡単にラシャから

離れてしまうということがよくわかります。

 

この時、早瀬プロは

グローブ(OWL)をしていますが、

 

手の平側にある滑り止めのおかげで、

素手よりはブリッジを固定させやすいそうです。

 

…………

 

余談となりますが。

 

この撮影が終わる頃に、

『SUMIYOSHI』(神奈川)の常連でもある

女子トップアマ、

 

米田理沙選手が来店しましたので、

 

急遽10ボールブレイクを

撮らせていただきました。

 

 

身体がしっかり固められた良いフォームで、

キュー先も芯付近を正確に捉えてます。

 

国内女子界には

10ボールの公式戦はないので、

10ボールブレイクを打ち慣れてない

女性プレイヤーが多いですが、

 

米田選手は日頃から男子選手と

10ボールの相撞きや5-10などもやるので、

かなりしっかりしたブレイクが打てます。

 

といってもこれは本人的には、

 

「厚みと当たりは良かったけど、

パワーはイマイチ!(苦笑)

 

コジるクセを直すために

コジリとは反対にキューを出してるところとか、

スローで見るとわかりやすいですね〜」

 

とのことでした。

 

また撮らせていただきます!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事