2016年

1月

14日

〈BD〉アプルトンから出題。「これ、できる?」

Darren Appleton
Darren Appleton

 

D・アプルトンがFacebookで

「これ、できる?」と

動画を投稿しています。

 

彼のFacebookページを観てみてください。

そこに動画があります。

彼個人のFacebookにも動画あり)

 

お題は

「空クッション6球取り切りチャレンジ」

自ら模範演技を見せています。

 

課題の考案者がD・アプルトンか

どうかはわかりませんが、

これは良い練習になりそうです。

 

アプルトン、

自宅のプールルームと思われるスペースで

動画で自撮り。

 

配置はこんなものです。↓

 

 

穴前に6個の球を置き、

1番から順番に空クッションで取る。

 

手球は

フット(またはヘッド)スポットからの

スタートのようです。

 

その際、

1番と4番は「2クッション」で入れること、

2、3、5、6番は「4クッション」で入れること、

 

……という制約があります。

 

観てみると、アプルトンは 

1番をこんな感じで入れて…… ↓

 

 

2番はこんな風に撞いてます。↓

 

 

なるほど、3クッションじゃダメだから、

ぎりぎりで前クッションさせて

1回稼いでますね。

 

3番以降は動画を観ていただければ。

 

…………

 

Daryl Peach
Daryl Peach

 

イギリスの盟友であるD・ピーチも

この配置にトライし、Facebookで公開。

 

「5分かかっちゃったぜ」的な

コメントを残しています。

 

プロレベルであればさほど難しくはない

ということなのでしょうか。

 

ピーチがプレーしている場所も

自宅のビリヤードルームのように見えます。

 

…………

 

「4月まで2試合にしか出ない」と

言っていたアプルトンですが、

楽しそうに練習していて一安心。

 

他の課題にも挑戦していますし、

この先も色々アップしそうな予感がします。

気になる方は、彼のFacebookページを

フォローしてみてください。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事