2016年

1月

09日

〈BD〉米「AZ Billiards」のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに柯乗逸と金佳映

Ko Pin-yi
Ko Pin-yi

 

中国で行われている

『チャイニーズ8ボールマスターズ』。

 

日本の大井直幸&土方隼斗の両プロは

残念ながら上位進出ならず

大会を終えています。

 

現在大会は大詰めを迎えようとしている

ところですが、

やはり中国選手が抜きん出た強さを

見せているようです。

 

詳しくは現地にいるOn the hill !さんにて。

 

…………

 

さて。

 

アメリカのメジャービリヤードサイト、

『AZBILLIARDS.COM』で、

2015年のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーが

発表されました。

 

こちらから(英語)。

 

男子は柯乗逸(カー・ピンイー。台湾)、

女子は金佳映(キム・ガヨン・韓国)です。

 

…………

 

選考基準などは開示されていませんが、

男子の選考はすんなりいかなかったようです。

 

対抗馬はアメリカの

シェーン・バン・ボーニングでした

 

Shane Van Boening
Shane Van Boening

 

ボーニングは2015年、

数十のトーナメントに出場して、

10位以内でのフィニュッシュ率が

88%だったとか(優勝が6回以上)。

 

ワールドプールマスターズや

チャレンジオブチャンピオンズでも

優勝しています。

 

(※ボーニングのインタビュー、

読まれてます。未読の方はこちらから)

 

とはいえ、

特にアジアにいる我々からすると、

2015年はやっぱり圧倒的に

「柯乗逸の年」だったと思います。

 

柯は1年で2つの

『世界選手権』(9ボール・10ボール)で優勝。

9ボールの世界選手権では

決勝戦でボーニングを直接倒しています。

 

『ワールドカップオブプール』も

張玉龍とのコンビで優勝しました。

 

1年で2つの世界選手権優勝は、

2005年の呉珈慶(9ボール&8ボール)以来の

快挙でもあります。

 

柯は10代の頃に『世界ジュニア』で

2勝しているので、「世界4冠」ですね。

 

その柯、今年はアメリカの大会、

『ターニングストーンクラシック』

(もう始まってます)と

『ダービーシティクラシック』に出るようです。

 

チャイニーズ8ボール路線では

ないということですね。

 

…………

 

Kim Ga-young
Kim Ga-young

 

一方、女子の選考は

迷う余地なしだった模様。

 

金佳映は2015年に出た8つ全ての試合で

10位以内のフィニッシュ。

そのうち4つで優勝しています。

 

チャイナオープン

トーナメントオブチャンピオンズ

全日本選手権

トルネードオープン

 

一番悪い成績が、

9位タイで終わった2つの試合、

9ボール世界選手権と

アムウェイカップだった、とのこと。

 

WPAの女子ランキングや

AZ Billiardsのマネー・リーダーボード

(獲得賞金)でも1位でした。

 

金であれば納得の戦績です。

 

…………

 

そう。

 

柯乗逸とボーニングと言えば……。

 

折よく、昨年の9ボール世界選手権・決勝戦、

柯 vs ボーニングの

 

ラストラックの映像を発見しました(6分30秒)。

 

 

※試合まるごとの映像もありますので

youtubeで検索してみてください。

 

この試合は会場で観ていたので、

色々なことを思い出します。

 

ボーニングとしては、

2番のヒッカケのアンドセーフが

完全に裏目に出てしまった訳ですが……。

 

別の機会にこのワンラックを

振り返ってみようかと思います。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事