2015年

9月

19日

〈BD〉柯乗逸、ナインボール世界王者に! 2015世界選手権、終了。決勝ラウンドのフォトギャラリーアップ!

Ko Pin Yi from Chinese Taipei won 2015 World Pool Championship
Ko Pin Yi from Chinese Taipei won 2015 World Pool Championship

 

今年の男子ナインボール世界選手権が

終了しました。

 

柯乗逸(カー・ピンイー。台湾)が

ファイナルで、

シェーン・バン・ボーニング(アメリカ)を

破って大会初優勝です。

 

優勝:柯乗逸

2位:S・V・ボーニング

3位:柯乗中、呉珈慶


↓ 4強写真


Ko Pin Yi
Ko Pin Yi
Shane Van Boening
Shane Van Boening
Wu Jia qing
Wu Jia qing
Ko Pin Chung
Ko Pin Chung


柯乗逸は、

今年の『テンボール世界選手権』

(フィリピン開催)に続く、

「世界2冠」です。


ファイナルで敗れたボーニングは、

今回も世界タイトルが獲れませんでした。


しかし、本当に時間の問題でしょう。


現在『USオープン』3連覇中のボーニング。

来月は4連覇に挑みます。


…………


決勝ラウンドのフォトギャラリーを

アップしました。


どうぞこちらからご覧ください

(枚数が多いので重いかもしれません)。


…………


準決勝の柯乗逸vs呉珈慶のヒルヒルマッチ

(11-10で柯)と、


ファイナル(13-11で柯)は

本当に観ていて面白い試合でした。


世界で勝つ条件というか、

必要な要素が改めて見えた気がします。


いずれこれらの試合を題材に、

その辺りに触れられたらと思います。


ファイナルは、プレッシャーからか

互いにちょこちょこミスをしている中で、


柯が

フロック(ラッキーショット)を出したり、

的球を外しても手球が隠れたり、


ファウルして、手球フリーを渡しても

ボーニングが取り切れない配置だったり

……と、


柯にツキがありました。


現地メディアの取材に対しても、


「とてもうれしい優勝ですが、

信じられないぐらいラッキーでした」


と正直に答えていました。


でも、

ラッキーだけで優勝したのではないことは、

誰の目にも明らかです。


特に、ここまでの勝ち上がりを

観ている人ならば……。


表彰式の合間に

柯とボーニングがにこやかに喋っていたのですが、↓



「おめでとう」(ボーニング)


「ありがとう」(柯)


「あの時のあの球、こうだったよね」(ボーニング)


「そうだね。でも、

たくさんラッキーなショットしちゃって

ごめんね」(柯)


「いや、いいんだ、仕方ないよ」(ボーニング)


というやり取りが聞こえました。


ボーニング……やるな。


もっと真っ赤に沸騰しているかと思ったのですが、

柯を素直に讃え、談笑する姿がありました。

柯の強さを認めているがゆえでしょう。


妙に印象に残る一幕でした。


…………


さて、BDはこれから日本に帰ります。


どうやら飛行機は「しっとり」の人と

同じ模様……。


東京で一緒にビールを飲みたいと思います。


残念ながら、

『ワールドカップオブプール』(ロンドン開催)に

向かう大井直幸&栗林達の日本チームには

同行できないのですが、

両名の健闘を祈っています。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL

 

ビリヤードOK、ダーツOK、パーティーOK! RALLY淵野辺店


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事