2015年

12月

11日

〈BD〉モスコーニカップはヨーロッパ6年連続勝利!


熱狂のラスベガス4ナイツが終わりました。


アメリカvsヨーロッパのチーム戦、

22回目となる『モスコーニカップ』は、


ヨーロッパが11-7でアメリカを下し、

6年連続となる勝利を飾っています。


最終日(Day 4)のまとめ映像はこちら ↓



最終日は、シングル戦3試合が行われ、


N・フェイエン(欧)5-4 J・バーグマン(米)

K・ボイズ(欧)4-5 S・V・ボーニング(米)

A・オーシャン(欧) 5-4 S・ウッドワード(米)


……という結果に。


マッチポイント9を決めたのは、

これがモスコーニカップ初登場の

A・オーシャン(オーストリア)でした。


試合後オーシャンは、


「今年僕は

『チャイナオープン』で優勝したけど、

モスコーニカップに比べたら、

あれは幼稚園みたいなものだった」


と述べています。


すごいな……。


でも、わからないでもありません。


つい先日、ある国内トッププロと

モスコーニカップの話になりました。


「現地で観たことはないですが、

あらゆるキュースポーツのイベントの中でも、

最高に盛り上がる大会じゃないでしょうか。


お客さんもビール片手に声が出せる雰囲気というか。


メジャースポーツ的な楽しみ方ができる

数少ないビリヤードイベントだと思います」


とのプロの言葉に、まさに! と膝を打つ。


「この感じ、団体戦でしか出せないよね」

「日本でやるならどうしたら良いかな」

「日本vsワールドとか?」


なんて2人で想像を巡らせてみたり。


それはともかく、


これでこの22年は、

ヨーロッパ10勝・アメリカ11勝・引き分け1度

……となっています。


一昔前は、

ずーっとアメリカが勝っていた印象ですが、

一気にヨーロッパが追い付いてきました。


両チームメンバーの個人タイトル数を比べても、

近年はヨーロッパの5名が

アメリカの5名を圧倒していますし、


現在の欧米の競技力と層の厚さの違いを

ダイレクトに表した結果なのかなと思います。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP


「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

羅立文の連覇で閉幕。至高のナインボール。FLEXSCHE CUP 2015


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事