2015年

12月

10日

〈BD〉やっぱりアツい! モスコーニカップ開催中。間もなくDay 3。動画あり

これから始まるDay 3の対戦カードと、Day 2終了時の勝ち星数
これから始まるDay 3の対戦カードと、Day 2終了時の勝ち星数


いや~、

現在開催中の『モスコーニカップ』、

アツいですね。


昨日(Day 2)のボーニングの

スーパー2-9キャノン、すごかった。↓


 

この試合はDay 2の最後に行われたダブルス。


ヒルヒル(4-4)で迎えた最終第9ラック。


D・アプルトン(欧)のブレイクは1イン。

しかし、2が見えない。

N・バンデンバーグ(欧)はプッシュアウト。

アメリカはパス。

バンデンバーグは2をセーフティ。

しかし、隠せなかった

S・V・ボーニング(米)の2-9キャノン炸裂

※上記映像はここのみ


……という流れでした。


アメリカ、この試合を落としていたら、

3勝7敗と

かなり厳しい展開になっていたところ

(※先に11勝した方が勝ち)。


前日のシングル戦ではミスを連発していた

アメリカのエース、ボーニング。

3日目以降に希望を繋ぐ

スーパーショットでした。


なにしろアメリカはここ5年連続で

苦杯をなめているので

今年は負けられません。

 

…………

 


『モスコーニカップ』(Mosconi Cup)は、

 

アメリカvsヨーロッパの

ナインボールチーム戦です。

 

22回目となる今年は

アメリカ・ラスベガスが舞台。

 

やっぱりこれが今世界一盛り上がる

プール(ポケットビリヤード)の

大会じゃないでしょうか。

 

今年も会場のボルテージと、

プレイヤーたちのテンションが半端ない。


Facebookで流れてくる

投稿・映像・コメントなども一番多い。

 

トレイラー映像を2つどうぞ。


Day 2 まとめ↓


Day 1 ハイライト↓


お客さんの声は入ってないですが、

会場はぎっちり埋まっていて

皆、エキサイトしているのがわかります。


…………


今年は、12月7日~10日の4日開催で、

現在その半分、Day 2が終わったところ。

間もなくDay 3に入ります。


シングル戦とダブルスを交互に行う形で進行。

1試合は5ゲーム先取というショートマッチです。


先に11勝した方が勝ちで、


現在、アメリカ4勝―ヨーロッパ6勝で、

ヨーロッパがリード。


2010年から昨年まで5年連続で

優勝しているヨーロッパ。

今年も押し切るのか。


昨年に続き、アメリカチームは

若いメンバーで構成されていますが、

昨年以上に戦えている感があります。

ここからの巻き返しに期待。


モスコーニカップは、

これまで21回開催され、

優勝回数は

アメリカが11回・ヨーロッパが9回です

(上のグラフは優勝回数を表しています)。


今年のメンバーは以下の通り

(順番はトップ画像に対応)。


USAチーム 左から:

シェーン・バン・ボーニング

マイク・ディシェイン

コリー・デュエル

ジャスティン・バーグマン

スカイラー・ウッドワード


ヨーロッパチーム 右から:

ニルス・フェイエン(オランダ)

ダレン・アプルトン(イギリス)

カール・ボイズ(イギリス)

ニック・バンデンバーグ(オランダ)

アルビン・オーシャン(オーストリア)


……毎年言ってますが、生で観たい。


公式Facebookページはこちら(英語)。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP


「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

至高のナインボール in クイーンズスクエア横浜。FLEXSCHE CUP 2015


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事