2015年

5月

06日

〈BD〉梅田竜二、全日本3C選手権3度目の優勝!

Ryuji Umeda(left) & Nobuyasu Sakai
Ryuji Umeda(left) & Nobuyasu Sakai

 

スリークッションの

『全日本選手権』が閉幕しました。


"日本のエース"梅田竜二プロが、

ファイナルで界敦康プロを破って、


2009年大会以来3度目の優勝を

飾っています。


優勝:梅田竜二(3度目の優勝)

2位:界敦康(準優勝2度目、優勝なし)

3位:小林英明(優勝1度)、

清田篤史(初の3位。プロ公式戦でベスト16以上が初)


優勝した梅田プロの談話は

追ってお届けします。


Top 8 Players
Top 8 Players

 

梅田vs界のファイナルは、

40-40のドローとなり、


72回の大会史上初めて採用された

"ペナルティーシュートアウト"に

突入しました。


これは、従来の

 

「先攻・後攻問わず、

どちらが一方が40点に到達したら、

その時点で『勝ち』で、試合終了」

 

だった試合方式とは異なり、

 

先攻のプレイヤーが先に40点に達しても、

「裏撞き」、すなわち、

 

後攻プレイヤーのラストプレーがあり、

 

(※裏撞き自体はリーグ戦形式などでは

よくあるので珍しくはありません)

 

そこで、

もし後攻プレイヤーが当てて(当て続けて)、

 

ドロー(40-40の引き分け)に

持ち込むことができたら、

 

いわゆる、「PK戦」とも

「サドンデス」とも言われるアレに

もつれ込む……という方式です。


この場合の"アレ"とは、

 

一人ずつ「初球」の形から撞き始めて、

「何点のランを出せるのか!?」という

勝負になります。


(初球が外れたらもちろん「0点」で終了)


今回、これが非常に盛り上がりました……

というより、場内の誰もが

固唾を呑んで見守るという雰囲気でした。

 

結果は……、

 

先攻の梅田プロは4点までランを伸ばして

5点目でミス。なので、「4点」


後攻の界プロは2点を獲得した後、

3点目のバタバタで惜しくもミス。

なので、「2点」


ということで、

ファイナルのスコアをにきっちり書くなら、


「梅田40-40界(PSO4-2)」

 

となります。


こうして梅田プロの3度目の優勝が決定。


「ペナルティーシュートアウトは

初めて体験しましたけど、


あれはホント楽しかったですね。痺れたし」

(界)


「おぉ、そうだった? 僕はね……」

(梅田)


……という、

ファイナリスト両名それぞれの感想が

同時に聞けたのも、


勝者も敗者ももれなく一ヶ所に集う、

プロ3C公式戦の打ち上げならではの光景でしょうか。

 

…………


以下余談。

 

今大会、梅田竜二プロは、


エボニー×スネークウッドでお馴染みの、

自身のシグネイチャーモデルキュー

ADAM JAPANのMUSASHI)ではなく、


なぜか、ターコイズが印象的な

「ダニエル・サンチェスモデル」

とおぼしきキューを使っていました。


その詳細についても追って。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



 

<<<前の記事