2015年

2月

17日

〈BD〉ギャップの神様

Efren '' Bata'' Reyes エフレン・レイズ Photo : heita3(以下同)
Efren '' Bata'' Reyes エフレン・レイズ Photo : heita3(以下同)

 

皆さん、一昨日フジテレビで放映された

『ミライ☆モンスター』は観ましたか?


この回の主人公は、

「世界ジュニア銀メダルの、

北海道のビリヤード女子高生」、

平口結貴選手でした。


彼女の地元・苫小牧から、

修行先の札幌、


そして、遠征先の大阪まで追っかけた

ドキュメンタリー、見応えありましたね。


BDは平口選手には度々取材で

会っていますが、


改めてテレビ画面越しに聞く、

真っ直ぐでピュアで骨太な発言に

すっかりノックアウトされました。


(観てない方は、某巨大動画サイトに

もしかしたら…………)


…………


さて、番組内で平口選手は

好きな選手として、


フィリピンが生んだ、

「マジシャン」「神様」「国の英雄」

エフレン・レイズの名前を挙げていました。


「笑ったら可愛い感じの人」

ということで(笑)。


そんなエフレンの、


「笑顔の写真、ないですか。

試合中とギャップがある感じの写真を

番組内で使いたいので」


と、BDに

番組制作会社から問い合わせが

来たのがオンエア1週間前。


あいにく自分が撮った写真の中には、

条件を満たすものがなく、

その旨を伝えたら、


本番映像ではCUE'S誌提供の

画像が入っていましたね。

使えるカットが

見付かったようでなによりです。


…………


で。


上のエフレンの笑顔写真は

BDが撮ったものではなく、


先日アメリカで行われた大会、


『Derby City Classic』で、


カナダから参戦していた

「heita3」さんが撮ったもの。


昨年還暦を迎えたエフレンおじさまは、

今も元気に世界のトーナメントを

巡っている訳ですが、


中でもこのダービーシティクラシックは、

欠かさず出ている大会であり、


彼が得意な「One Pocket」(ワンポケット)の

トーナメントもあるということで、

本人も好んで参戦している様子。


そんなエフレンの、

かなりリラックスした瞬間を

heita3さんが捉えていました。


これ、BDが数多く観てきた

「笑顔のエフレン写真」の中でも

極上の1枚です。


エフレンは目が笑ってないことが多く、

リアル笑顔の写真は意外と少ないです。


でも、これは完全に素ですね。


そして、今も「オンプレー」の

時はこんなに険しくなります。↓

 


テーブル上でのファンタスティックな

ショットの数々もさることながら、


こういう表情と空気感のギャップも

エフレンの魅力ですね。


…………


「ギャップ」ということで言えば、


エフレンは、テーブルライトが眩しく、

清潔で天井の高い特設会場で行われた

ダービーシティクラシックの約2週間前に、


全く真反対のこんな場所で、

エキシビションマッチを行っていました。↓


頭の5分だけでも観てみてください。


 

お祭りか!

人、いすぎだから!


地元・フィリピンの

タイタイという街で行われた

エキシビションのようです。


相手は若手のE・ガマス選手。


エフレンさんは上下ねずみ色の

冴えない出で立ち……。


試合をつぶさに観た訳ではないんですが、

まー、この人いきれは

何度観てもカルチャーショック。


フィリピンの人気スポーツは

「3B」と言って、


ボクシング(またはバドミントン)

バスケットボール、

そして、ビリヤード。


そして、日本の一般的なイメージでは、

「紳士のスポーツ」であるビリヤードは、


フィリピンでは「貧者のスポーツ」とも

言われています。

 

キュー一本で身を立てようという若者が、

フィリピンには今もたくさんいます。

 

もちろん一般的な娯楽・レジャーとしても

ビリヤードは人気です。

 

それが「ビリヤード強国」フィリピンの実情。

 

……ということがわかっていても

この光景は…………。


エフレン自身にギャップがあるように、

ビリヤードにもまた、

様々な顔があると感じられる動画です。


世界のどこかで特設会場で

正装で行うビリヤードもあれば、


また別のどこかで

ストリートで短パンでやるビリヤードもある。


そのことはビリヤードというスポーツ/ゲームの

懐の広さを表しているようにも思います。


…………


さて。


もう間もなく、そのフィリピンの

ジェネラル・サントスという街で、


『テンボール世界選手権が行われます。


(※日本勢(JBPA)は、

昨今の世界情勢や現地の治安などを鑑み、

遠征を取りやめることになりました)


今大会は、フィリピンが誇る

ボクシングの超スーパースター、

マニー・パッキャオが

プロデュースしている大会です。


ビリヤードが大好きなパッキャオ自身も、

元々はプレイヤーとして本大会に出場する

意向だったようですが、

 

直前でキャンセルしたようです

(※ダブルスのイベントには出るそうですが)。


その理由はわかりません。

 

世界が注目するF・メイウェザーとの対戦も

「ほぼ確定」と言われながらも、

正式なアナウンスはないですし、

何かと身辺が騒がしい時期ですから

自粛したのでしょうか。

 

ソースはWPAのFacebookページ


さらに……。


エフレンも直前でキャンセルしたとのこと。

これは妹が一昨日亡くなったからだそうです。


残念なニュースが先に立ってしまった

テンボール世界選手権ですが、

大会の成功を祈りましょう。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink


羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO

 

…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



 

<<<前の記事