2014年

9月

23日

〈BD〉「優勝は優勝だと思っています」――マスターズ優勝・大坪和史の談話

大坪和史(左)&和田敏幸 写真:On the hill !
大坪和史(左)&和田敏幸 写真:On the hill !

 

日曜日に閉幕した

テンボールのアマ公式戦『マスターズ』

 

優勝した

大坪和史選手(現・球聖位)の談話をお届けします。

 

昨日のBDの記事でも記したように、

和田敏幸選手とのファイナルはヒルヒルの大接戦の末、

 

最後は難しい配置を取り切って行った和田選手が

ゲームボール(10番)をミスして終了という

劇的な幕切れでした。

 

話はそこから始まります。

 

…………

 

Kazufumi Otsubo

 

生年月日/1972年12月21日

ビリヤード歴/約20年

出身・在住/広島県

所属/ビリヤードみゆき

日本球台中国産業

 

1999年全日本ローテーション優勝、

2008年第17期球聖位&2014年第23期球聖位、

2006年&2014年マスターズなど、タイトル多数

 

●今大会ベスト16より(7ゲーム先取)

ベスト16 W-5 竹内承勲

ベスト8 W-5 朝長雅史

Semi. F W-5 羽切進一郎

Final  W-6 和田敏幸

 

 

――今のお気持ちを。

 

「1日経って、ちょっと嬉しくなってきましたね。

 

あの結末は信じられない思いでしたし、

 

終わった瞬間は、なんとも言えない

申し訳ないような気持ちがありましたけど、

 

今は優勝は優勝だと思って喜んでいます」

 

――ご自身のプレー内容を振り返ると?

 

「テーブルコンディションになかなか合わせられなくて、

結構苦労していましたね。

 

決勝戦で使ったあのテーブルが僕には難しかった。

 

初日はあのテーブルでは撞かなかったですが、

2日目はベスト16と準決勝と決勝と、3回撞きました。

 

ベスト16の時は全然対応できなくて、

 

準決勝の時にはちょっとコンディションが落ち着いた感じで

まあまあ撞けて。

 

決勝の時にはまた合わせられなくなって……(苦笑)。

 

やっぱりそうなるとミスは多くなる。

全てがダメな方向に向かっていたと思います」

 

――となると、勝因は?

 

「最後まで腐らないように撞けたことでしょうか。

 

ミスはしていても、気持ちは切らさなかったです」

 

――マスターズは今年で15回目の開催でした。

大坪さんは毎回出ているんですか?

 

「よく覚えてないんですけど、

確か7回目か8回目から毎年出ています

 

(※正確には第7回大会〈2006年〉から出場)。

 

その初めて出た時に優勝できたんです。

あの年は開催地が地元・広島だということで参加しました」

 

――それ以来、今回を含めて決勝戦を撞いたのが5回目で

優勝が2回目。素晴らしい成績だと思います。

 

「いやぁ、3回、決勝戦で負けてますからね(笑)。

 

勝ち切れてないのが3回ある訳で、

それはどうでしょうね。

 

決勝戦を5回撞いたというのは良いことだと思いますけど、

最後に弱い人みたいな感じですよねぇ(笑)」

 

――前回、球聖戦の後にお話を伺った際に、

「最近は長時間撞くことが減ったので試合は疲れます」

とおっしゃってました。今回、体力面はいかがでしたか?

 

「ああ、体力は保ちましたね。

少なくとも球聖戦ほどは疲れてなかったです。

 

ですが、今回は『テンボールの試合』への適応に

疲れたというか苦しんだ感じがします」

 

――テンボールへの適応、ですか。

 

「ええ。

 

僕が試合にあまり出ていないこともありますが、

試合でテンボールを撞くのは年に1回、

このマスターズだけ。

 

(※マスターズがテンボールになったのは2011年から)

 

試合でのテンボール経験が乏しくて、

まだ慣れてないなと感じます。

 

例えば、

ブレイク後の配置とかそこからの展開って、

ある程度テンボールならではの

形やパターンみたいなものがありますよね。

 

その辺りの経験がまだまだ少ないなと感じました。

 

組み立てや選択が

手探り状態になってしまっているなと。

 

実際今回も初めて見るような配置が多くて、

何度も頭を使うものだから

それで疲れてしまった気がします(笑)」

 

――普段、テンボールはあまり撞いてないですか?

 

練習でたまに撞く程度という感じですね。

 

その時と試合とでは結局使うテーブルが違いますし、

 

コンディションが違えば、

ブレイクの後の配置も違うものになってくる。

 

これはなかなか難しいなと思いました」

 

――なるほど。この先の試合の予定は?

 

「今年はこのマスターズで終わりかな。

 

たぶん次は来年の『球聖戦・球聖位決定戦』

(※大坪選手は現・球聖位なので「防衛戦」となる)

になります」

 

…………

 

試合数を絞っても高い確率で上位に行く。

 

テンボール経験が少ないと自覚していながら勝つ。

 

さすがはトップアマ中のトップアマ。

 

特に東日本のビリヤードファンは

大坪選手の巧みなプレーを観る機会が

あまりないと思いますが、

 

チャンスがあればぜひ観てほしいです。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事