2014年

9月

15日

〈BD〉FCポルトのスタジアムでビリヤード!? 3Cワールドカップ、優勝はD・ヤスパース

会場はFCポルトのサッカースタジアム「エスタディオ・ド・ドラゴン」の一角 写真:佐々木浩(JPBF) 以下同
会場はFCポルトのサッカースタジアム「エスタディオ・ド・ドラゴン」の一角 写真:佐々木浩(JPBF) 以下同

 

この週末、ポルトガルのポルトでは

スリークッションの国際マッチ、

 

『ワールドカップ・ポルト戦』が行われていました

(※ワールドカップは年間数戦あります)。

 

優勝は、世界トップクラスのD・ヤスパース(オランダ)。

 

ファイナルでは、ベルギーの

R・フォルトンとの1点差の接戦を制しました(40-39)。

 

日本からは3名のJPBFプロが出場していて……、

 

試合中の清田篤史(右)
試合中の清田篤史(右)

 

●清田篤史→PPQ(プレプレクオリファイ)を勝ち抜き、

続くPQ(プレクオリファイ)で惜しくも敗退。

 

●佐々木浩→PPQで敗退。

 

そして……、

 

久しぶりのワールドカップ出場となった梅田竜二(中央)とサエギナール(右)
久しぶりのワールドカップ出場となった梅田竜二(中央)とサエギナール(右)

 

●梅田竜二→ワイルドカード(主催者招待)で

決勝ラウンド(ベスト32)からの登場。

 

梅田プロは久しぶりのワールドカップでしたね。

 

ベスト32ではベトナムの選手に勝利しましたが、

ベスト16で優勝したヤスパースに敗れました

(28-40)。

 

…………

 

また、今大会で大きな注目を集めたのは、

 

久しぶりに競技の表舞台に帰って来た

トルコの英雄、S・サエギナールでした。

 

サエギナールはベスト32を通過して、

ベスト16ではT・ブロムダールとの

ゴールデンカードが実現。

 

ここはブロムダールに敗れましたが(34-40)、

 

サエギナールは決勝戦の後に

トリックショットショーを披露するなど、

 

相変わらず、エンターテイナーとして

引っ張りだこだったようです。

 

今回、BDに写真を提供下さった佐々木プロにも

現地の様子を聞いてみました。

 

佐々木プロ談話:

 

「こちらでも、サエギナールの復活、

話題になっていましたね。

 

ただ、今のワールドカップのフォーマットは

40点1本勝負のシングルトーナメントのため、

見所が少し乏しい印象でした。

 

プレイヤー達からも

セットマッチ方式の復活の要望があるようです。

 

ちなみに、今回のワールドカップは、

 

ポルトガルサッカーのトップリーグチームである、

FCポルトがスポンサーで、

 

試合会場もサッカースタジアムの一角にありました。

 

本当に良い所で私も最高の気分でした。

 

梅田プロもサンチェスも口を揃えて

『最高のワールドカップだ』と言っていましたよ。

 

FCポルトはビリヤードクラブを持っていて、

ブロムダールとサンチェスがそこのメンバーなんです。

 

なので今大会では、

この2人が圧倒的に人気がありました」

 

おぉ、FCポルト。

 

今、大人気のハメス・ロドリゲス(コロンビア)も

所属していた欧州の強豪チームですね

(ロドリゲスは現在はレアル・マドリーですが)。

 

FCポルトは、ビリヤード以外にも、

体操、バスケ、ボクシング、釣り、チェス、空手、

ローラーホッケー、モータースポーツなど、

 

10を超えるスポーツのチームを持っているようです。

 

欧州で当たり前に見られる

「地域に根ざした総合スポーツクラブ」なのでしょう。

 

いやぁ、一度は現地でビリヤード&サッカーを

ワンセットで観てみたいものですね。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事