2014年

9月

14日

〈BD〉「GoPro」公式動画でビリヤードが登場!

 

近年、「ウェアラブルカメラ」とか

「アクションカム」と呼ばれる、

 

ムービーカメラ市場が盛り上がっています。

 

日本のソニーやパナソニックなんかも、

この「身に付ける系」のカメラを作ってますね。

 

サーファーやバイクレーサーなどの目線に近い、

迫力満点の映像を観たことがある方も

多いと思います。

 

そのウェアラブルカメラの人気ブランド

『GoPro』(ゴープロ)が、

 

公式プロモーション動画として、

ビリヤードのトリックショットの映像を公開しました。

 

2分弱ですのでぜひどうぞ!

 


 

撞いているのはポーランド人プレイヤーの

Ziemowit Janaszekという人。

 

すみません、BDも知らない人です。

 

彼が撞いているトリックショットの数々は、

ほとんどが定番のものです。

 

トリックショット界の革命児・

フロリアン・コーラーを観たことのある人にとっては、

「まあまあかな」程度のものでしょう。

 

(※フロリアンのショットの焼き直し?

と思われるものもあります)

 

でも、

映像は100%GoProだけで撮ったというだけあって、

アングルにかなり工夫が見られますし、

 

なんだか撞き手も制作陣も楽しそうな雰囲気が

全編に漂っています。

(↑この感じ、GoProの他の映像にも共通です)

 

「面白い映像、撮れちゃったぜ!」みたいな。

 

キューにカメラをくっつけて

そのままストロークしているのだろうと

思われるシーンもあります。

 

こういったウェアラブルカメラは

アウトドアユースが多いと思いますが、

 

インドアスポーツでも大いに活用できるということを

示してくれていますね。

 

ドイツのトッププロ、T・ホーマンは、以前、

GoPro(だったと思います)を顔かどこかに

セットして、ドリル練習にチャレンジ。

 

視聴者がまるでホーマン本人になって

撞いているような気分になれる動画を、

 

Facebookにアップしていたという

記憶があります(youtubeには出てない模様……残念)。

 

BDも買おう買おうとよく思っているんですが、

ちょっと悩ましいんですよね。

 

その理由は……、

 

●その1

撞き手の身体の揺れや頭の上下動などの

影響をモロに受けるので、

長時間観ていると酔う

 

●その2

かなりの広角レンズなので、テーブルが歪む

 

多分、GoPro社のこの公式映像も、

その辺りはかなり気を使って

撮影・編集したんじゃないかなと思います。

 

この辺がカメラ側や編集ソフト側で

解決できるのなら、ぜひ導入したいですね。

 

この先も、ウェアラブルカメラでの

ビリヤード映像はきっと増えていくことでしょう。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事