2014年

8月

22日

〈BD〉「足りないものが見えてきている」――アジアジュニア選手権銅メダル・平口結貴の談話

平口結貴
平口結貴

 

既報の通り、

今月、台湾の台北で行われた

『アジアジュニア選手権』

(種目はナインボール)で

 

日本の17歳の「ビリヤード女子高生」

平口結貴選手が銅メダルを獲得しました。

 

大会が終わって約2週間経ちますが、

本人からコメントをもらいましたので掲載します。

 

この大会で平口選手は、

予選ラウンドを3連勝で勝ち抜けて、

 

決勝ラウンド1発目(準決勝)で

台湾の選手に敗れて3位タイとなりました。

 

これで昨年の『世界ジュニア』銀メダルに続く、

2つ目の海外戦入賞。

 

平口選手は生涯2度の海外遠征で

2回とも入賞していることになります。

 

今年のこの後の大きな公式戦の予定は、

10月の『和歌山プレ国体』、

11月の『世界ジュニア』と『全日本選手権』です。

 

Yuki Hiraguchi

 

1997年7月11日生

北海道栄高校2年生(※取材時。2014年)

苫小牧在住

ビリヤード歴は10年

2013年『全日本ジュニア』

(JOCジュニアオリンピックカップ)優勝

2013年『世界ジュニア』銀メダル

2014年『女流球聖戦』挑戦者(東日本代表)

2014年『アマナイン』3位

2014年『アジアジュニア』銅メダル

 

使用キューはMEZZ / EXCEED

Supported by K's Link

 

日本勢左から、奥田、平口、神箸、佐々木
日本勢左から、奥田、平口、神箸、佐々木
台湾の呉とともに
台湾の呉とともに

 

――アジアで3位。おめでとうございます……と

言っても良いのでしょうか。

 

「うーん(苦笑)。

 

国内でも海外でも2位とか3位ばかりで、

なんかすみません」

 

――いやいや、銅メダル、お見事です。

自分で納得行くプレーはできましたか?

100点満点で言うなら何点でしょうか?

 

「予選ラウンドは70点ぐらいかな。

 

3連勝で勝ち抜けたんですが、

 

2試合目は良い感じで撞けたけど、

1試合目と3試合目はあまり良くなかったですね。

 

メンタル面が不安定で、

自分の気持ちや状態がちゃんと把握できてなかったです。

 

試合の環境に上手く入れていけなくて、

そわそわしちゃってたと思います」

 

――決勝ラウンドの一発目(準決勝)では、

予選で一度倒した相手にリベンジされたんですね。

 

「はい、台湾の選手にやられちゃいました。

 

でも、あの試合は負けたとはいえ、

気持ちを入れ替えて臨めたので良かったです。

 

シュートミスはゼロでした。

 

セーフティを2回失敗したのが大きかったです。

 

あと、相手が一度目の対戦の時とはまるで別人でしたね。

それでちょっと私が動揺してしまった部分があります。

 

この試合の出来は75点ぐらいかな」

 

――優勝したのはフィリピンの選手でした。

 

「14歳か15歳の選手で、私も初めて観たんですけど、

判断も速いし、撞くのも速い選手でした。

 

結構凡ミスもしていたけど、メンタルが強いのかな。

 

私、準決勝で負けちゃって、

このフィリピンの選手と撞けなかったことが悔しかったです」

 

――平口選手は台湾は初めてだったんですよね?

 

「はい。めっちゃ良いところでした。

 

でも、食べ物はあまり合わなかったかなぁ(笑)。

 

それと、建物の中と外の温度差がかなりあって、

そのせいか風邪を引いちゃいました」

 

――台湾の吳芷婷(ウー・ジーティン)と

仲良くなったようですね。

 

「はい、彼女が観に来てくれて、

色々と優しくしてくれましたし、

 

彼女を通じて台湾の他の選手やコーチとも親しくなれました。

 

試合を見ていても感じましたけど、

やっぱりコーチの存在は大きいなと思いました。

 

あ、日本の4人は4人で仲良くやってましたよ。

 

今回、ダブルス戦もあったんですけど、

私とたんちゃん(奥田玲生選手)の関係が結構良くて、

2人でマスワリも出せたんですよ!(笑)

 

(※女子ダブルスは4チーム参加で、

日本の結果は初戦敗退〈3位タイ〉)

 

神箸渓心と佐々木海の男子チームも、

結果は勝ち→負け→負けだったけれど、

すごく楽しそうに撞いていましたね。

 

(※男子ダブルスは11チーム参加で

日本は予選ラウンド敗退)」

 

――わかりました。ところで、

台湾には新しいキューで行ったんですね。

 

「はい、7月半ばから

EXCEED(エクシード)になりました。

 

とっても使いやすいです。

 

シャフトは『ハイブリッドプロ2』なんですけど、

 

私は元々小4の時からしばらく

ハイブリッドプロ2を使っていたので、

 

全く違和感なく使えています」

 

――秋から冬にかけて大きな試合が続きますね。

 

「はい。今年は大きな大会で

毎回3位以上にはなれているんです。

 

でも、優勝はできてない。ちょっと何かが足りない。

 

その足りないものが自分なりには見えてきているので、

どうするかは自分次第ですね。

 

そのトレーニングは結構キツイんですけど、

負けずに頑張ろうって思っています」

 

…………

 

和歌山プレ国体で大暴れの予感!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

 

<<<前の記事