2014年

8月

11日

〈BD〉プロ3CアカデミーZ戦は船木耕司が3連覇! 本人談話アリ

優勝:船木耕司
優勝:船木耕司
2位:鈴木剛
2位:鈴木剛

 

日曜日は大会やイベントがたくさんありましたし、

告知したいことも多いので、

 

BDもいっぱい更新します!

 

…………

 

東京・五反田の『アカデミーZ』で行われていた

 

スリークッションのプロ公式戦、

『Pro 3-CushionアカデミーZ戦・第10回記念大会』は、

 

船木耕司プロ(JPBF)が、

ファイナルで鈴木剛プロを破り3連覇を達成しました。

 

本人の談話が入りましたので以下でお届けします。

 

…………

 

Koji Funaki

1971年4月7日生 

1994年JPBF入会

 

2007年~2009年ニッカオープン3連覇

2013年全日本選手権優勝

2012年~2014年東日本プロマスターズ・

アカデミーZ戦3連覇(※今大会含む)

 

 

――3連覇、おめでとうございます。

 

「嬉しいですね、3連覇は。

 

以前、自分は『ニッカオープン』でも

3連覇をやっているんですけど、

 

なかなか『3』ってできないものだと思うので、

素直に嬉しいです。

 

去年、決勝でT・ブロムダールに勝って

優勝できたというのは、

やはり今になってみると相当大きいですね(笑)」

 

――大会は3日間に渡って行われましたが、

船木プロは昨年の優勝者シードで

最終日からの出場だったんですね。

 

「そうですね。

 

今回僕は土曜日に東京に入って、

東京の別のビリヤード場で

3ゲームぐらいやって調整していました。

 

特に何の問題もなく、

いつも通りに試合に臨めたと思います」

 

――今大会の最終日は、これまでと違って、

始めが3人1組のリーグ戦(×4組)で、

その後、4名による決勝トーナメントという方式でした。

 

「3人1組のリーグ戦自体は、

プロ公式戦の予選でもよく採用されていますので、

やり慣れているので全く問題なかったです。

 

今回はなんとかリーグ戦を通って、4人に残って、

決勝トーナメントを撞きたいなぁと思ってたんですが、

 

実際にそうできて良かったですね。なんとかね(笑)。

 

あまり気負わず、普段通りに臨めたのが

優勝に繋がったのかなと思います」

 

…………

 

……以上、

試合の翌日(つまり今日)の午前中には

もう仙台に戻っていた船木プロの談話でした。

 

今回の船木プロの優勝で、

JPBFの3Cポイントランキング争いも

より面白くなりそうです。

 

最新のランキングの発表を待って、

追ってお届けします。

 

(※参考までに、6月末のランキングでは、

1位新井達雄

2位梅田竜二

3位森陽一郎

4位田名部徳之

5位船木耕司、でした)

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

 

<<<前の記事