2014年

7月

23日

〈BD〉「いい球は撞けた。ゲームは作れなかった」――ジャパンオープン男子3位、早瀬優治&青木亮二の談話

早瀬優治
早瀬優治
青木亮二
青木亮二

 

『ジャパンオープン』男子の部。

 

日本人の最高成績は、

 

早瀬優治プロと青木亮二プロ(共にJPBA)の

3位でした。

 

この2人、共に1977年生まれです。

 

両プロの試合直後の談話をお届けします。

 

早瀬優治:

 

「俺、いい球、撞けてました。

 

9年ぶりの特設会場

(※アマチュアだった2005年大会、

ベスト16でM・イモネンを破って5位タイ)

を楽しめたし、

 

ずっとワクワク感がありました。

 

でも、あと2歩足りなかったです。

 

いい球は撞けたけど、

ゲームを作る技術は

リニングには及ばなかった。

 

リニングにゲームを作られました。

 

総合的に見て、リニングは世界トップの

クオリティーで撞いてます。

 

たまに僕が一発勝つということはあるだろうけど、

 

6割勝つにはどうすれば良いのか。

 

そこはなんですかねぇ……。

経験なのか練習量なのか。

 

今すぐはわからないけど、そこを埋めないと。

 

正直言えば、

『たまの一発』が今日出てほしかった。

 

朝、(反対の山にいたプロ同期の)

大井直幸と決勝をやりたいな

と思っていたんですよ」

 

Yuji Hayase

1977年2月17日生

神奈川県出身

JPBA40期生

2009年GPE-3優勝他、上位入賞多数

 

…………

 

青木亮二:

 

「朝(ベスト16川端聡戦)の時点で、

よく撞けている実感はありました。

 

あまりミスもなかったですし。

 

だから、モリス戦は残念でしたね。

 

もうちょっとできるはずやのに、

体力がなくなっていた。

 

ちゃんと構えよう構えようとするんですけど、

もうほんとしんどかったです。

 

コルテッザ戦(ベスト8)で

使い果たしてしまったのかな。

 

せっかく『ジタバタするビリヤード』で

ここまでやってきたのにね。

 

技術もまだまだな僕が、

体力と集中力を切らしたら、

勝てることないですよ。

 

ほんと大きなトーナメントに勝つって、

色々な力が必要だなと思いました。

 

こんだけ応援もしてもらったのに。

もっとできたはずやのに。

 

悔しいです」

 

Ryoji Aoki

1977年3月4日生

香川県出身

JPBA32期生

2011年全日本ローテーション優勝・他多数

 

…………

 

 

表彰写真タイムで、青木・早瀬の両プロは、

 

悔しさを滲ませながらも

思い切り笑ってくれました。

 

「俺ら同い年の、りょーじゆーじでーす!」

(青木)

 

お笑いコンビかーい、ってね。

 

大きな大きなお祭りが終わった午後8時すぎ。

 

会場を後にすると、そこには、

 

肩を落として一人、浜松町駅に向かって歩く

青木プロの姿がありました。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

 

<<<前の記事