2014年

6月

19日

〈BD〉ドーハが近い。ナインボール世界選手権、全試合無料配信なう

写真:赤狩山幸男
写真:赤狩山幸男

 

現在、カタールの首都ドーハでは

『ナインボール世界選手権』が行われています。

 

6/19現在は、「ステージ1」と言って、

現地予選の段階です。

 

ここには

赤狩山幸男

栗林達

大井直幸

有田秀彰

の4名のJPBAプロが参戦中。

 

有田プロのブログ、読ませますね。

 

そして、上下2点の写真は

「カーリー」こと赤狩山プロから頂きました

(ありがとうございます!)。 

 

写真:赤狩山幸男
写真:赤狩山幸男

 

そして、6/21からは

「ステージ2」、すなわち本戦が開催されます。

 

ここから登場するのは、

土方隼斗

田中雅明

羅立文

の3名のJPBAプロです。

 

そして今回、何がすごいって、

 

最初から最後まで、全11日間・全14台の

インターネット生中継が無料で観られることです。

 

こちらから。

 

英語のサイトですが、

アカウントの設定やログインは、

 

スマホやパソコンを普段から使っている方なら

直感的にわかると思います

(推奨ブラウザはGoogle Chromeです)。

 

左側がログイン、右側が新規アカウント登録
左側がログイン、右側が新規アカウント登録

 

で。アカウントを作ってログインすると、

こんな画面に。

 

 

「Event」という見出しのところの英文を訳すと

こんな感じです。

 

「カタール・ビリヤード&スヌーカー連盟は、

本イベントの全日程の、

14台のライブストリーミング配信を行います。

 

ステージ1と2の間の1日だけ休みますが、

6/27に行われる決勝戦まで11日間を

完全にカバーします。

 

(以下略)」

 

ふむふむ。

 

実際に機材や人材を派遣しているのは、

ビリヤードのライブストリーミング配信で

有名な「KOZOOM」(コズーム)ですね。

 

そして、ここから下側にスクロールしていくと

こんな感じになっています。

 

 

試合テーブル、きたー!

 

映像そのものもクリアですし、

この画面から色々な情報がわかります。

 

下側には「T1」~「T14」までの

各テーブルの対戦カードが記されていて、

スコアが随時更新されています。

 

テーブル番号をクリックすると、

カメラが切り替わります

(観たいカードを選んで観ることができます)。

 

さらに、右側にはチャットが流れています。

これは14台まとめてのチャットです。

 

よく見ると、「~on T1」というように

テーブル番号が書かれていて、

 

誰がどの試合(テーブル)について語っているかが

わかります(英語です)。

 

…………

 

日本とカタールの時差は6時間ありますが、

(日本の方が6時間進んでいます)

 

この無料ライブストリーミング配信のお陰で、

中東の地で行われている

世界選手権がとても近く感じられますね。

 

この画面で観る日本選手達は、

本当に大きく頼もしく映ります。

 

ぜひ一つでも上に進んでほしい!

 

…………

 

そして、ビリヤードの国際大会の

生中継オフィシャル試合映像が、

 

無料で最後まで観られるということは

どういうことなのか。

 

考えることがたくさんありますね。

 

 

<<<前の記事