2014年

6月

04日

〈BD〉都道府県対抗、神奈川チームのちょっと裏側

応援&速報担当:真田恭子(KPBA) with KPBAミニフラッグ
応援&速報担当:真田恭子(KPBA) with KPBAミニフラッグ

 

沖縄の初優勝で幕を閉じた

『都道府県対抗』(『都市対抗』という人も多い)。

 

On the hill !さんでは、

写真や動画を山盛りで紹介していますね。

 

さて。

 

神奈川県民であるBDが応援していた

神奈川(KPBA)のAチーム&Bチームは、

 

Aチーム→Dブロック2位(11チーム中)

 

Bチーム→Bブロック4位(12チーム中)

 

……ということで、

 

各ブロックの1位チームだけが進める

決勝トーナメント進出まであと一歩でした。

 

個人成績はこんな感じ(KPBA公式サイトより)。

 

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

ちなみに、

今年初めてお目見えしたお揃いの青タイは、

 

Bチームの香村明宏選手の発案&調達だったようです。

ナイス!

 

そして、試合後は回収されて、

来年の都道府県対抗まで封印されると聞きました。

 

来年、これを身に付けるのは誰になるのでしょうか。

KPBA内でのアツいメンバー争いが始まります。

 

岡部正選手
岡部正選手

 

さて、そんな神奈川チームには

応援&速報担当のメンバーが帯同していました。

 

その内の一人、真田恭子さんのコメントを以下に。

 

…………

 

――BDが数日前に使わせてもらった写真は、

真田さんが撮っていたんですね。

ありがとうございます。

 

「いえいえ、KPBAを紹介してくださって

ありがとうございました。

 

ちなみに、マスキング(増木選手)の

僧侶写真は、私の数少ない傑作写真です(笑)」

 

「高僧対決」と言われた写真。左:増木宏次選手、右:武藤秀範選手(北海道)
「高僧対決」と言われた写真。左:増木宏次選手、右:武藤秀範選手(北海道)

 

「集合写真は左右のバランスが悪く、

皆に突っ込まれました……(笑)」

 

 

――応援と速報担当という立場で見た

神奈川チームの頑張りはどのようなものでしたか?

 

「感動もいっぱいもらえましたし、

ドキドキ感と緊張感もいっぱい味わえました。

 

神奈川チームは、いつも本当に団結力があって、

層が厚いのでAB関係なく応援のしがいがありますね。

 

でも、どうしたら皆の支えになるかとか、

全然わからず、役に立たなくて

結構へこむ場面の方が多かった気もします。

 

それに、やっぱり、

正直言えば、自分もあの舞台で闘いたいですね」

 

――ああ、一昨年、真田さんは

神奈川Bチームのメンバーとして活躍していましたね。

そしてチームは4位という好成績でした。

 

「あの時、私は初めて都市対抗に出たんです。

 

本当に仲間のおかげで最後まで頑張れたと思ってます。

 

KPBAで良かったと本当に思いましたね。

 

誰かが落ちてると他の皆が

その分をカバーするように頑張ってくれます。

 

そういうところが神奈川チームの持ち味なので、

それが結果となって現れるのも、

遠い未来でないと思ってます。

 

その時にどんな立場であれ、役に立てたら嬉しいですね。

一緒に頑張っていきたいです」

 

…………

 

来年はお供したい!

 

 

<<<前の記事