2014年

5月

16日

〈BD〉カスタムの輝き・Gina編

 

白い所に、

ベ、ベースのインレイ(飾り)が入ってる!

 

…………

 

1月にチラリとお見せしたGina Cue(ジナ・キュー)。

 

だいぶ紹介が遅くなりましたが、

 

これもUK Corporation代表・大原秀夫氏所蔵の逸品です。

 

ジナは、創業50周年を迎えた

アメリカの老舗カスタムキューメーカー。

 

創始者のErnie Gutierrez(アーニー・ギュテレス)は

名匠としても知られています。

 

日本にも昔からジナファンが多く、

名作の誉れ高いモデルも多いことから、

 

今もよく取引されているカスタムキューの一つです。

 

写真のキューは2012年に製作されたもの。

 

フォアアーム側のシュッと伸びる

長短8剣の白いハギと、

 

スリーブ側のカーブを活かしたインレイの

コントラストが美しいですよね。

 

バット材のメイプルは杢目がはっきりと出ている

「Figured Maple」(フィギュアド・メイプル)。

 

良い材料をふんだんに使いながらも、

派手すぎない、気品あるデザインです。

 

貝で作られたベース・ギターのインレイは、

 

大原さんがプロのベーシスト(ミュージシャン)である

ということを知っているアーニーの粋な計らいです。

 

 

以下、UK大原氏の談話:

 

「今まで色々なジナキューを手にしてきましたが、

 

シルバーベニア

(ハギやインレイに見られる銀のサシ色)の

キューは持ったことがなかったので、

 

オーダーしたのがこれです。

 

そうしたら、

 

『できたよ。ヒデオ用にベースのインレイも

入れておいたよ』と(笑)。

 

想定していた価格の倍近かったんですが、

私も勢いで買ってしまいました(笑)。

 

デザインそのものは

8剣の、まあまあよくあるものでしょう。

 

それが2年前のことですが、

もう創業50周年を迎えているし、

引退宣言もしているから、

 

今はもっと点数を絞って高額なものを

作っているんじゃないでしょうか。

 

アーニーは質が高いキューを作れるだけでなく、

商才も豊かでクレバーな人物です。

 

そして、彼には跡取りがいないんですよ。

 

となると、

この先もジナの価値は下がらないでしょうね。

 

本人もそのことはわかっていると思います」

 

…………

 

この先、ジナの新作は何本出てくるのか……。

 

限られた数になることは間違いなさそうですね。

 

ぼ、僕も欲しくなってきました(不純)。

 

 

<<<前の記事