2014年

4月

12日

〈BD〉セクシーな台湾ガールズ ※動画アリ

早速自室の壁に貼りました
早速自室の壁に貼りました


今週の土日は

大阪『マグスミノエ』で『女流球聖戦』

 

土曜日に、

平口結貴(東日本代表・北海道)

vs

川畑真希子(西日本代表・沖縄)

 

という「挑戦者決定戦」が行われ、

 

そこで勝った方が、

日曜日に現球聖・佐原弘子と

「球聖位決定戦」を戦います。

 

BDには、

平口結貴選手と

佐原弘子選手それぞれの、

「大会前インタビュー」があります。

 

平口選手がここ、佐原選手がここ

 

…………

 

僕は大阪には行きませんので、

On the hill !さんの速報をチェックします。

 

そうそう。

 

On the hill !さんと言えば、

 

先日、台湾土産を頂きました

(わざわざすみません)。

 

3月の台湾『アムウェイオープン』取材時に

向こうでゲットしてくれたもの。

 

それが上の写真。

 

台湾のセクシーガールが12名載っている

ビリヤードボールポスターカレンダー。

 

↑今、よく見直したら、

6名が2回出ているっぽいですね

(神経衰弱みたい)。

 

彼女達はビリヤードのプロではなく、

 

台湾国内で定期的に行われている

ビリヤードのTVマッチなどで、

 

ラウンドガールやアシスタントを務めている

ショーガール(タレント? モデル?)。

 

youtubeとかyoukuなどの

動画サイトを探すと結構映像がありますよ。

 

例えばこんなの。

 

 

ここに出ている2人の内、

1人はカレンダーに出ている人と

同一人物だと思われます。

 

台湾のテレビマッチや大きな国際イベントには、

彼女達目当てのカメラ小僧的なメンズが

いっぱい来ます。

 

彼らがビリヤードが好きかどうかは不明ですが、

人が集まれば賑やかになって

熱気と活気が生まれるし、

 

彼らがブログ、Twitter、Facebookなんかで

写真をバンバン投稿したりすれば……、

 

かなりビリヤードの宣伝になること

間違いありません。

 

日本でも昨年のトッププロ限定イベント

『プレミアテンボールリーグ』

ラウンドガールが導入されていました。

 

(※上のリンクから大会概要と

ダイジェスト映像が観られます)

 

そんな試合がもっとあると良いですよね。

 

 

強引に台湾繋がりで。

 

台湾出身・横浜在住の

ビリヤードプロといえば羅立文。

 

先週末のプロ公式戦、

『GPE-2』で勝つなど、

 

日本(JPBA)のトッププロとして

ハイアベレージな活躍を続けています。

 

そのGPE-2があった翌日に、

 

僕は試合会場になっていた

横浜『ハイランド』に用があって

出向いたのですが、

 

優勝した羅プロも、

準優勝の照屋勝司プロも、

試合翌日から練習を再開していました

(※両名ともハイランドが拠点です)。

 

いやー、さすがの熱心さ。

 

しばらくして、

僕と目が合った羅プロが一言。

 

「今から昨日の続きをやります!」

 

ん? GPE-2決勝戦の再戦ってこと!?

 

と眺めていたら、

 

2人はナインボール一発勝負をスタート。

真剣な試合モードで戦ってました。

 

その勝者は…………

ご想像にお任せします。

 

それにしても。

 

照屋プロはまだプロ入りしてから

優勝がありませんが、

 

この姿勢……強くなりますね。

 

 

<<<前の記事