2014年

4月

09日

〈BD〉今週の球ブログから。「プールホールGR」と「球バカ日誌」

 

この1週間で「これは!」と思った

2つのビリヤードブログをご紹介。

 

国内にも海外にも、

まだ見ぬビリヤードワールドが広がっています!

 

…………

 

まず、

 

大阪にある江辺公昭プロ(JPBF)の

ビリヤード場『プールホールGR』のブログ。

 

このブログの執筆者は、

同店所属のアマチュア選手であり、

広報担当でもある西田佳映さん。

 

「☆社交界 撞球倶楽部☆」という

エントリをぜひご覧ください。

 

江辺プロが、大阪の撞球倶楽部に

招かれた際の同行レポートになっています。

 

ここで言う「倶楽部」とは、

限れられたメンバーのみが出入りを許される

社交界の同好コミュニティのこと。

 

伝統と格式ある大人の社交場の雰囲気が

この同行記からも伝わってきます。

 

メディアの人間もおいそれと

内部を取材できるものではありません。

(恐らくビリヤード雑誌なども

一度も入ったことがないでしょう)

 

そんな由緒正しき撞球倶楽部が

3つも紹介されています。

 

話には聞いたことがあるけれど、

こんな世界が実際にあるのだなぁと勉強になります。

 

東京にもこのような倶楽部はいくつかあります。

 

一度は行ってみたいものですね。

 

ちなみに、江辺公昭プロは、

ご存知「美人すぎるビリヤードプロ」

江辺香織プロのお父様です。

 

江辺香織プロ(JPBA)※昨夏撮影
江辺香織プロ(JPBA)※昨夏撮影

 

…………

 

もう一つのブログは、

BDにも度々寄稿してくださっている

『球バカ日誌』さん。

 

 

「WPBL“ボーナスボール”について」

というエントリです。

 

ここで紹介されている

10数分のハイライトダイジェスト動画が

カッコイイですね。

 

2012年(正式には2013年)から

アメリカで始まっているWPBLという新イベント。

 

ポケットテーブルを使った

新しい「ボーナスボール」という種目で、

 

トップ選手達が揃いのユニフォームを着て

チーム戦で競い合っています。

 

2012年にこのWPBLのことを知った時、

「ちゃんと継続するのかな?」なんて

思ってしまったのですが、

 

この通り、ちゃんと継続していました。

 

ボーナスボールのゲーム性そのものが、

14-1とエイトボールとワンポケットを

融合させたような、

 

それでいてテレビ向けでもある

良い按配に仕上がっているように思います。

 

プレイヤーとしても体験したいですね。

 

…………

 

以上、ふたつのトピックでした。

 

 

<<<前の記事