2014年

4月

07日

〈BD〉フォトギャラリーに『GPE-2』アップ

羅立文(JPBA)
羅立文(JPBA)
照屋勝司(JPBA)
照屋勝司(JPBA)

 

昨日は横浜『ハイランド』で、

 

東日本男子プロツアーの『GPE-2

(グランプリイースト第2戦)が

行われていました。

 

時同じくして埼玉で行われていた

『球聖戦』は、

 

12時間以上を要する大熱戦となりましたが、

 

なかなかどうして、

このGPE-2でもベスト16から激戦が続出し、

 

9点先取のフォーマットを目いっぱいまで

戦うような試合が多くなりました。

 

ハウスボール(お店のボール)ではなく

GPE専用のボールを使ったためか

(※これは他店で開催する時も同じ)、

 

ラックシートを採用している割には

ブレイクで的球が入りづらく、

 

また交互ブレイク制だったために、

競る展開の試合が多くなったのです。

 

そんな中、ファイナルを戦ったのは、

 

「精密機器」とも呼ばれる

トッププロ羅立文と、

 

これでファイナルは3度目、

初優勝を目指す照屋勝司プロ。

 

開催店のハイランドを練習拠点とする羅プロと、

ハイランドに勤務する照屋プロという、

いわばホームプロ対決でした。

 

この試合、中盤までは競り合いとなりましたが、

最後は羅が抜け出して勝負あり(スコアは9-6)。

 

いつものようにゲームボールを沈めて

ガッツポーズをしてくれるかな?

 

と、

ファインダー越しに待ち構えていたんですが、

今回はナシ。

 

その理由は、直後にもらった談話の中で

本人が説明してくれていますので、近日中に。

 

とりいそぎ、

GPEのフォトギャラリーをアップしています。

 

こちら

 

 

<<<前の記事