2014年

2月

19日

〈BD〉「初めて物語」に界敦康プロ、アップ!

界敦康(JPBF)
界敦康(JPBF)

 

『ビリヤード初めて物語』に

界敦康プロ(さかい・のぶやす。JPBF)を

アップしました。

 

こちら

 

ぜひご覧ください。

 

…………

 

ご存知の方もいると思いますが、

 

界プロはポケットビリヤードを始めて

3年でAクラスの上の方まで行き、

その後スリークッション(3C)に転向。

 

直後にアーティスティックに出会い、

練習の末に日本一となり、

世界アーティスティック選手権でも

3位になります。

 

そして、一昨年には自分のお店を持ち

(東京・笹塚『MARS』)、

 

昨年、3Cのプロ公式戦で初優勝、

年間ランキング2位。

 

……なかなかスゴい経歴ですよね。

日本屈指のビリヤード・マルチプレイヤーです。

 

ストロークが良いので、どんな種目も

高いレベルでできるのでしょうね。

 

ポケットビリヤードの腕前も

僕が知る限り、キャロムプロの中で

トップクラスだと思います。

 

…………

 

8、9年ぐらい前、こんなことがありました。

 

界プロに初めてちゃんと取材をした時のことです

(※たしかライターの遠藤弟氏もいらしたなぁ)。

 

当時、界プロは都内の小さなビリヤード場

(もう閉店してます)で勤務していました。

 

そこでインタビューをしている時に

店の電話が鳴ります。

 

「ちょっとすみません」と離席して

受話器を取った界プロ。

 

「はい、ビリヤード○×△です。

 

……ええ、はい。あ、大丈夫ですよ。

 

1、2時間後であれば。

 

はい、います。私がお相手できます。

 

クラスですか? 一応SAですね」

 

むむむ。

 

話の内容がわかってしまいました。

 

武者修行というか道場破り的な

本気のプレイヤーがここに登場する訳ですね!?

 

もちろんポケットビリヤードですよね?

知らない人ですよね?

 

……と矢継ぎ早に尋ねる僕。

 

「全部その通りです(笑)。

後で来るみたいなので撞きます」

 

界プロは落ち着き払っています。

面倒じゃないんですか?

今の本業は3Cだというのに。

 

「いや、ポケットも好きですし。

小さな店なので自分が全てやらないと」

 

よく来るんですか? そういう武者修行さんは。

 

「たまに来ますね。

うちは小さな店で、店名も○×△ですからね(笑)。

(←とても強うそうには思えない名前)

 

強い人がいないように思われるのでしょう」

 

…………

 

残念ながら、取材後に僕は次の予定があり、

その勝負を見ることも叶わず、

 

やがてそのこと自体を忘れてしまいました。

 

数年経ってからふと思い出し、

何かの機会に界プロに聞きました。

 

「……ってことがありましたよね?」と。

 

「ああー! ありましたねぇ(笑)。

 

あの日は勝ちましたよ。

 

……というか、僕、○×△にいた時代、

 

実はそういうチャレンジャーには

全部勝ってたんですよ」

 

ひぃー(驚!)

 

 

<<<前の記事