2014年

1月

28日

〈BD〉「嬉しい!」――関西レディースオープン4度目V・栗林美幸の談話

栗林美幸(JPBA)
栗林美幸(JPBA)

 

『関西オープン』の談話シリーズ。

 

土方隼斗プロに続きますは、

 

女子の部優勝の栗林美幸プロです。

 

 

Miyuki Kuribayashi

JPBA37期生

1979年1月13日生 香川県出身&東京都在住

2007年&2008年『ジャパンオープン』連覇、他優勝多数

2013年シーズン途中に産休より復帰。

夫は同じくJPBAプロの栗林達

使用キューは(EXCEED & MEZZ

 

Result

(※予選は省略。決勝ベスト8より。

ナインボール7ゲーム先取)

W-6 工藤孝代

W-1 溝口清美

W-2 佐藤千晶

 

…………

 

――産休・育休から復帰して初Vです。

 

「嬉しい!」

 

――1日を振り返っていかがでしょうか。

 

「ちゃんと撞けたと思います。

 

ベスト8(工藤孝代戦)では

相手に先にリーチを掛けれられてから逆転できたし、

 

ファイナルでは上がりのラックの

8番をミスしちゃいましたけど(笑)、

 

それでも、だいぶよく撞けたと思います」

 

――休みに入る前の優勝が……。

 

「2011年の『東海グランプリ』でしたね。

 

だから2年以上間隔が空いたのかな。

 

久しぶりなので嬉しいです」

 

――この関西レディースオープンでは

過去に3連覇があって('07年~'09年)、今回で4勝目。

他の大会でも多く優勝されていますが、

特に今大会では相性が良いのでは?

 

「相性……。

 

私、この会場(『玉出ビリヤードACE』)で

撞くのは初めてなんですよ。

 

過去の3回の優勝は別のビリヤード場でした。

 

あと、準優勝が1回あります。

 

プロになった年(2003年)の開幕戦です」

 

――あ! ということは。

 

「そうです。今回の佐藤千晶プロと一緒です。

 

私も、プロデビュー戦で関西レディースの

ファイナルまで行って、

曽根恭子プロに負けて準優勝でした。

 

覚えてますよ。

 

あの時は、私が3-0とリードしたのに、

逆転されて3-7で負けたんです(笑)」

 

――11年経って、今回は美幸プロが

佐藤プロの壁になったとは数奇な運命ですね(笑)。

 

しかし、今はお子さんもおられて、

まとまった練習時間を作るのも簡単ではないでしょうね。

 

「はい、出産前みたいに毎日できる訳ではないですね。

それに練習時間も減ってしまっています。

 

でも、前より時間が短いからこそ集中できています。

これは自分で実感しています」

 

――今年はどのぐらいトーナメント活動が

できそうなんですか?

 

「今のところ全戦出るつもりで考えています。

頑張ります!」

 

…………

 

今年の女子戦線、面白いぞ!

 

 

 

<<<前の記事