2014年

1月

23日

〈BD〉MEZZのEC7限定モデル! そして、そもそもEC7シリーズとは!?

EC7限定モデル
EC7限定モデル
MEZZホームページのEC7カタログの一部。ここにあるキューはレギュラーモデルです
MEZZホームページのEC7カタログの一部。ここにあるキューはレギュラーモデルです

 

日本が世界に誇るトップキューブランド、

MEZZ(メッヅ。by 三木)。

 

そのMEZZが昨年末に

『EC7』の限定モデルキュー、

 

『Pearl White』(パールホワイト)と

『Shiny Black』(シャイニーブラック)

 

をリリースしましたね。

 

詳細はこちらでも→ UR Billiards

 

遅まきながら、

その現物を見ることができましたので、

触って撮ってきました。

 

(※ショールームMECCAさん、

ありがとうございます)

 

いやー、メタリックカラーがキラッキラしてました。

プレーンなデザイン。だけど! 目立ちます。

 

この2モデル、2011年にも限定発売されて好評を博し、

この度、復活と相成りました。

 

ですが、今回も「限定」ですので、

気になる方はお早めに!

 

…………

 

このEC7シリーズについてちょっと調べてみました。

 

レギュラーモデルは現在24種

バリエーション豊富。

 

いずれも銘木の杢目の美しさを活かした

シンプルなデザインが特徴です

(インレイ入りのデザインは少数派で6種)。

 

デビューは2007年。

 

それ以前は「7」が付いていない

「ECシリーズ」がありました。

 

旧ECシリーズも、現EC7シリーズも、

MEZZのプレーキューラインナップにおける

ベストセラーです。

 

「7」は何を意味しているかと言うと、

WX700シャフト』が標準装備されてますよ、

ということ。

 

(※これは2013年3月からで、

それ以前は『WD700』でした。

タップがモーリからカムイに変わったことを機に

名前が変わりました)

 

つまり、いわゆる「ハイテクシャフト」が

初めから付いているキューなんですが、

 

それでいて非常にリーズナブルなので、

このシリーズが普及価格帯の大ヒット商品に

なっているという訳です。

 

人気シリーズだけあって、

これまでにも何回か限定品や新色(新デザイン)が

登場しています。

 

(※……ということを、

今回僕はMEZZホームページの

「プロダクツ」ページで確認しました。

ここ、MEZZの色々な商品の

リリース日が載っているので何かと重宝します)

 

エントリーモデルの定番として、

初めてのマイキューに選ぶ人が昔から非常に多い、

そんなEC7シリーズです。

 

BD読者にもEC7(またはEC)の人、

結構いるんじゃないでしょうか。

 

…………

 

個人的な話ですが、

 

僕の昔のビリヤード仲間や

ライバルでECシリーズを使っている人が

本当に多かったんですよね。

 

「EC7-R1」は2人持ってましたし……

(※EC時代の「EC-B1N」のこと)。

 

今もカタログでこのインレイのデザインを見る度に、

 

アイツはあのキューで、

今もどこかで球を撞いているのだろうか……と

遠い目になってしまうのでした。

 

 

<<<前の記事