2014年

1月

21日

〈BD〉寄稿:球バカ日誌 in BD「ドラゴ8」

トニー・ドラゴ photo by On the hill !
トニー・ドラゴ photo by On the hill !

 

ブログ『球バカ日誌』主宰の「鮫」さんからの

ビリヤード動画紹介企画。

 

2014年最初の寄稿となる今回は、

 

まだ来日したことはないけれど、

早撞きスタイルとおっきな身体で日本人にも人気の

トニー・ドラゴの動画を8本ピックアップ!

 

前回のスト様編と同じで日本語訳はないんですが、

観ればだいたいわかると思います(^^)

 

……愛すべき人だってことが!

 

(※「8」シリーズの過去記事はこちらから)

 

…………

 

明けまして、おめでとうございます。鮫です。

本年もよろしくお願いします(^^ゞ

 

さて、新年一発目の“8”(エイト)ですが、

 

前回のスト様に続き、

プレイヤーにスポットを当てたいと思います。

 

そのプレイヤーとは、

私のフェイバリットの一人である、

トニー・ドラゴです。

 

ドラゴといえば、スヌーカースタイルから繰り出す

スピーディーなプレーが売り。

 

「トルネード」のごとく、

テーブル上のボールを瞬く間に消してしまいます。

 

地中海の島国・マルタ出身の彼、

その風貌も相まって、人呼んで“The Boss”。

 

そんなドラゴの“8”。では、参りましょう~。

 

…………

 

【1】テレビ最速センチュリー

まずは、これは外せません。

 

テレビ放映上で、

最速のセンチュリー(100点以上の得点)達成記録。

 

わずか“210秒”で

クリアランス(マスワリ)してしまいました。

 

…………

 

【2】高速ランアウト(10ボール)

9ボールに比べ、

ややこしい配置になりがちな10ボールでも早い。

 

“80秒”でマスワリ。

それもゲームを決める最終ラックで、

このスピードですから恐れ入ります。

 

…………

 

【3】高速ランアウト(9ボール)

こちらはさらに早い。

“55秒”でテーブル上のボールを沈めてしまいました。

 

モスコーニ・カップ(2008年)での映像のようですが、

レフリーの位置取りや、カメラワークなど、

興味深い映像ですね。

 

…………

 

【4】正義漢

さて、そのモスコーニ・カップで、

スト様に理不尽な態度を取られたR・スーケー(ドイツ)。

 

それを我がことのように怒るドラゴが、こちら。

 

チームメイトには頼りになる男ですが、

敵にすると怖い存在ですね(^_^;)

 

…………

 

【5】プレデター10ボール優勝の瞬間(8:20辺りから)

スヌーカーでも実績のあるドラゴが、

プールでも大きなタイトルを獲得しています。

 

最強ナインボーラー、

F・ブスタマンテ(フィリピン)が相手。

 

そのブスタマンテを“13-10”に抑えて優勝。

 

23ラックが、わずか75分で終わったといいます。

最後も、華麗なマスワリ(約90秒)で〆ています。

 

…………

 

【6】やっちまったな~

時には、こんな凡ミスも犯します。

 

スコアを勘違いし、

追い付ける可能性があるのにコンシード(ギブアップ)。

このセルフビンタは痛いですよね(^_^;)

 

…………

 

【7】飛行機嫌い(2:00辺り)

こちらは、さらによくドラゴの人柄がわかる映像です。

 

地元のマルタでは英雄。

でも、飛行機がお嫌いな様子(^_^;)

 

一方で、母親想いのナイスガイです。

 

…………

 

【8】これがドラゴだ!!!

もう何も言うことなし。

ドラゴの百面相と華麗なプレーを愉しんでください(^^ゞ

 

人を食ったような表情と、

スヌーカー仕込みのスピィーディーなプレー、

そんなドラゴを愛してやみません。

 

日本にも、いつか来てくれませんかねぇ……。

飛行機嫌いだから厳しいかな(^_^;)

 

それでは、新年一発目の“8”はこの辺で(^^ゞ

 

また近い内にお会いいたしましょ~。

 

 

<<<前の記事