2013年

11月

28日

〈BD〉「俺は俺や!」――全日本選手権日本人男子最高位・北谷好宏談話

Yoshihiro Kitatani
Yoshihiro Kitatani

 

ポケットビリヤードの『全日本選手権』男子の部で、

 

日本人最高位の5位タイ入賞を果たした

北谷好宏プロ(JPBA)の談話が取れました。

 

以下に記します。

 

北谷好宏(Yoshihiro Kitatani)RESULT

 

(Race to 9)

勝者1回戦 W-7 鎌田充昭

勝者最終 2-W Johan Chua

敗者最終 W-0 Reza Masoumi

 

(Race to 11)

Best 64 W-3 Li He Wen

Best 32 W-9 A・Paglayan

Best 16 W-10 菅谷慎太郎

Best 8 8-W 柯乗逸 Ko, Pin-Yi

 

…………

 

――率直な感想をお願いします。

 

「疲れましたね(笑)。

最後はスタミナ切れを自覚していました。

 

でも、それなりに満足もできています」

 

――その「満足」の部分、詳しくお願いできますか。

 

「今まで『こいつは別格』と、

線引きをしてた外国選手にも勝てたことですね」

 

――それは例えばベスト32のA・パグラヤン?

 

「はい。今までなら『スッとやられちゃうんだろうな』と

思ってしまってたでしょうね。

 

ベスト64のリー・ヒーウェンもそういう選手。

でも、普通にプレーできましたね」

 

――なぜ、そうなれたのでしょうか。

 

「『相手は関係ない』と思えているからでしょう。

 

自分より上手い人がいっぱいいるのは

もうわかりきってます(笑)。

 

でも、これは試合だから、

上手い人が勝つと決まってる訳じゃない。

 

『俺は俺や!』と思えるようになってきました」

 

――2004年にも5位タイになっています。

 

「ああ、もうあの時とは精神的なものはだいぶ違いますね。

 

あの時は強い外国選手ばかりでただただ緊張してました。

触られただけで倒れそうでしたよ(笑)」

 

――今回はベスト8で柯乗逸に敗れました。

 

「あの試合も、最後は負けちゃったけど、

それなりに相手にプレッシャーを掛けられたかな。

 

1-6までは気持ち良く行かれて、

僕も『コイツ、うめーなぁ』なんて思いましたけど、

 

だんだんムカついてきてね(笑)。『抵抗してやる』と。

 

だけど、最後は体が動いたし、スタミナ切れを感じた。

2、3球それで飛びましたね」

 

――ベスト16(菅谷慎太郎戦)がヒルヒルで、

終わって休む間もなく柯乗逸戦でしたね。

 

「ええ、食事をする時間はなかった。

 

僕の試合が終わるのが遅くなってしまったからだし、

それはしょうがないですけどね」

 

――話を変えますが、10月の『北陸オープン』で優勝して、

そこから良い状態を維持できていたんですか?

 

「実は大会直前に体調不良で寝込んでました(苦笑)。

 

少し良くなってそのまま尼崎入りして試合をしました。

さすがに1回戦は『体が硬いなぁ』と思いましたね。

 

次の試合(チュア戦)では、僕は2点しか取ってないですけど、

 

それは配置に恵まれなかっただけで、

相手にプレッシャーを掛けられているのはわかったんですよ。

 

それで『このままのスタイルで行こう』と」

 

――しかし、今年は様々なご事情で練習時間も減ってしまい、

試合もだいぶ休んだということなのに、

それを感じさせないプレーでした。

 

「ええ、丸2ヶ月キューが握れない期間もあった割には

頑張れましたね(笑)。

 

たぶん頑張れたのは精神的なことが理由です。

 

今までは人と戦っていたけど、

今は球と向き合えているのかなと思います」

 

――この前おっしゃっていた、『謙虚な気持ちで

ちゃんと狙って撞けた』ということにも繋がりますか?

 

「はい。それでも、北陸の時は

『まさか優勝まで行けるのか』という感じでしたけど(笑)。

 

北陸の時は、決勝日の初戦(vs高橋邦彦プロ)に

勝てたことが大きいですね。

 

そのあたりから、緊張感も良い緊張に変わりました。

 

『先球(的球)を見る時間を増やそう』と思って

やっていたらタイトルに結び付いた。

 

それを今回、選手権でもやったらそこそこできました」

 

――トータルで自分に良い点数を付けられますか?

 

「100点とは言えないですけれど、

 

自分でやろうと決めたことはできたので、

それなりに満足はできています。

 

来年に向けて自信がつきました」

 

…………

 

北谷プロ、ありがとうございました。

 

そして、そんな「あにぃ」の奮闘を

会場で熱心に見守っていた弟の北谷英貴プロも、

 

度重なる顔芸(いや、あれが素でしょうか(笑))、

 

ありがとうございました。

 

 

<<<一つ前の記事

 

Hidetaka Kitatani
Hidetaka Kitatani