2013年

10月

03日

〈BD〉「やってみた!」に旧岩崎邸・撞球室探訪記をアップ

旧岩崎邸(東京・湯島)
旧岩崎邸(東京・湯島)

 

「旧岩崎邸に『撞球室』がある」

 

僕も一応はビリヤード雑誌の編集者でしたし、

そのことは知ってはいました。

 

旧岩崎邸というのは、

東京・湯島にある歴史的に貴重な建物で、

 

庭園とワンセットで公園のようになっており、

有料で見学できます。

 

その岩崎邸の敷地内、母屋のすぐ隣に撞球室はあります。

 

しかし、今まで約12年間一度たりとも足を運ばず(汗)。

 

「この度、撞球室が歴史上初めて一般公開されることになった」

と聞いた時(でも、期間限定でした。

期間限定の常設展示という意味だったのかな)、

 

むしろ、「今まで見られなかったの?」と思ったほどです。

 

長い期間、補修作業をしていたようです。

 

公開期間は2013年9月16日までということで、

 

急がなくちゃ! と駆け込んできました

 

(※実際に行ったのは9/12。この日

 

その後、撞球室は不定期で観覧OKな日が

ちょくちょく設けられているようです)

 

で。

 

で、ですよ。

 

結論から言えば、

「撞球室に撞球台ナシ!」。

 

なんと、

ビリヤードテーブルはなかったというオチなんです。

 

そんな壮大な空振りの模様を綴った、

読後もやもやすること請け合いのレポートは、

 

こちら

 

ビリヤードテーブルがないなら、

んなもん読まなくて良いよ! という人は

 

……本日はここでお別れです……(TдT)