2013年

9月

16日

〈BD〉森陽一郎。ルララ。

森陽一郎プロ(左)&小林英明プロ
森陽一郎プロ(左)&小林英明プロ
10分後
10分後

 

 

関係各位の許可を得て写真掲載。

 

7月末の『ナビー・エキシビション』の打ち上げにて。

 

雨宿りを兼ねた1h限定カラオケ大会。

 

開始から30分ぐらい経ち、

場もすっかり暖まった頃にマイクを握ったのが、

 

スリークッションとバンドゲームの

全日本選手権者、森陽一郎プロ(写真左)でした。

 

何を唄うのだろうと待ち構えていたら、

 

うおっと、スピッツ『ロビンソン』。

 

森プロ、絶唱。

 

かなり上手でびっくりしました。

 

(※原曲のキーのママだったかは覚えてないです)

 

ビリヤードのプレースタイル同様、

 

ジェントルなタッチと抜群の力加減コントロールで

的確なラインをなぞり、

 

悠々と撞ききり……いや、唄いきりました。

 

スリークッションで言うなら

アベレージ2点近いナイスシングでした。

 

笑顔がトレードマークの息子、森雄介選手は、

そんな父を見て、やっぱりニコニコしています。

 

…………

 

やんやの喝采を浴びた森プロ、

 

しかし、10分後、

 

ルララ、睡魔の風に乗る。

 

「え? あっ、寝てるよ!

森さん寝てるよ。

 

早いなーもう(笑)」(小林英明プロ。写真右)

 

窓の外は豪雨。

 

そんな東京・大塚、午後8時。

 

カラオケ開始間もない写真を見直したら……すでに半分ルララ
カラオケ開始間もない写真を見直したら……すでに半分ルララ