2013年

6月

23日

〈BD〉たのしい接写

Q:なんのタップでしょうか?
Q:なんのタップでしょうか?

 

この土日は、

 

JPBA男子プロの試合(14-1)と、

 

JPBA女子プロの試合(ナインボール)と、

 

NBAキャロムの試合(スリークッション。

JPBFプロが多数登場)が、

 

別々の場所で行われています。

 

僕は今日(日曜日)、

JPBA男子の『全日本14-1』を取材します。

 

場所は渋谷の『CUE』です。

 

ディフェンディングチャンピオンの

羅立文は決勝ラウンドに

勝ち残っていますね、さすがです。

 

…………

 

さて。

 

試合は関係ない話ですが、

 

ここのところずっと

とあるお仕事で

 

ビリヤードキューやグッズの画像と

毎日のようににらめっこしています。

 

メーカーが提供してくれた

オフィシャルな画像もありますし、

 

自分で撮るものも結構あります。

 

昨年、接写用のレンズ

(「マクロレンズ」とか「マイクロレンズ」とか

言います)を買ったんですが、

 

ようやく本領発揮の大活躍です。

 

全然ハイスペックなものじゃないですが、

十分働いてくれてますし、

 

ミクロの世界ってかなり面白いんですよね。

 

花とか昆虫とか撮る方々の気持ちも

わかります。

 

上の写真はあるタップのイメージ画像。

 

これは失敗写真なので、ここで使っちゃいます。

 

なぜNGかと言うと、

 

間違えて「GLUE SIDE」(接着剤を塗る側)、

 

つまり裏側を上にして撮ってたという……。

 

ええ、時間のムダです……。

 

でも、マニアな方なら、

このタップの名称(メーカー)が

わかるやもしれぬ……。

 

で。

 

下の写真は、

そのお仕事とはまた別件で撮りました。

 

これもマクロレンズを使ってます。

 

JPBAのある女子プロのキューが

新しくなったので、

撮らせてもらったのです。

 

色々と確認事項などがあって

まだ全容をお伝えできないので、

 

今日はクローズアップだけですが、

 

週明けにちゃんと載せますね。

 

Q:誰のキューでしょうか?
Q:誰のキューでしょうか?